「XRP/JPY」WeeklyTradingSignal : 再び安値更新

真田雅幸
2019-12-23
(
Mon
)
Facebook
Twitter
Line


WeeklyTradingSignal

・弱気バイアス・シグナル:週足終値が2EMAの下で推移
・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移
・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移
・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
XRP/JPY、週足 出所:Bitbank.ccより作成


12月4週目のリップル(XRP)の週足終値の価格は、前週から9.1%下落した21.5円でした。価格は2EMA(22.4円)を下回り弱気示唆です。7EMA(25.0円)は下落中で長期トレンドも弱気です。先週は2週連続となる陰線が記録され終値ベースの安値を更新しています。



XRP/JPY、週足 出所:Bitbank.ccより作成


Centered Oscillator Signal

弱気バイアス・シグナル : CCI(-180)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。


弱気バイアス・シグナル : Fisher(-1.7)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Fisherは11月第2週目からTrigger(0.36)をデスクロスし売りシグナルが継続しています。


弱気バイアス・シグナル : MACD(-3.2)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Signal(-2.6)を下回り売りシグナルが点灯中です。


リップルの週足のプライスアクションとオシレーターは弱気トレンドを示唆しています。先週は間近安値を更新し市場にはまだ売り手が多いことを表しています。他の暗号通貨と比べ反発も弱く底打ち感は見られません。今週も引き続き弱気トレンドが継続すると予想されます。



Latest Post