「XRP/JPY」DailyTradingSignal : オシレーターの反転待ち

真田雅幸
2020-03-19
(
Thu
)

DailyTradingSignal

・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移

・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移

XRP/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


3月18日のリップル(XRP)の日足終値は、前日から0.3%下落した16.0円でした。価格は14EMA(19.1円)を下回り弱気示唆です。53EMA(24.2円)は下落中で長期トレンドも弱気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(20.0円)が先行スパン2(25.4円)を下回り弱気示唆です。


Centered Oscillator Signal

弱気バイアス・シグナル : CCI(-129)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。

弱気バイアス・シグナル : Fisher(-2.8)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Trigger(-2.7)を下回り売りシグナルが点灯中です。

弱気バイアス・シグナル : MACD(-3.2)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Signal(-2.7)を下回り売りシグナルが継続しています。

XRP/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


リップルの日足のプライスアクションは弱気を示唆し。オシレーターはこれをコンファームしています。相場は現在コンソリデーションフェーズに入っており、ボラティリティが減少しています。他の暗号資産(仮想通貨)に比べて反転が弱いため買い需要が薄いと考えられます。FisherやMACDが遅行線をゴールデンクロスするまで買いでのエントリーは難しい状況といえるでしょう。







新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL