Binance DEXが特定地域のユーザーからのアクセスを拒否、DEXの名に疑問符

真田雅幸
2019-06-03
(
Mon
)

暗号通貨取引所Binanceが運営するDEX(Decentralized Exchange)であるBinance DEXが特定の地域に住むユーザーからのアクセスを拒否していたことがわかった。アメリカ、北朝鮮、イラン、イラクなどを含む29カ国からのIPアドレスを遮断している。

Binanceは拒否の理由を公表していないものの、各国の規制や政治的な圧力が関連しているものと推測される。DEXは、管理者が存在しないP2Pの取引所でオープンアクセスが前提となっているが、Binance DEXにおいてはこれは当てはまらないようだ。

Binance DEXは今年4月にローンチされ多くの話題を呼んだ。CoinMarketCapによるとBinance DEXは、取引所全体の取引量ランキングでも97位にランクインしている。イーサリアム上で最も利用されているIDEXの日時取引量は約200万ドルだが、Binance DEXは約1000万ドルで5倍に相当する。

今年BinanceはDEXのローンチやIEO(Initial Exchange Offering )を通じたトークン販売など市場に多くの話題を提供したが、特定のユーザーからのアクセスを拒否する行為に対しては、暗号通貨界隈から疑問符が投げかけられている。

https://twitter.com/WhalePanda/status/1134837717676843010

WhalePanda氏は、Binace DEXはDEXの名に相応しくないとツイートしている。さらにBNBの価格をパンプするためのマーケティングであると切り捨てた。

Decentralizedは管理者が存在しないネットワークを形容するワードであり、Binance DEXは実質Binanceが管理者となっておりDEXのワードは相応しくない。

Decentralizedや非中央集権というワードは暗号通貨のプロジェクトではお馴染みだが、実際に管理者が存在しないネットワークを作れているプロジェクトは少なく、ほとんどの場合、開発者側に実質的な管理権限が存在する場合が多い。管理者を排除してもダウンすることがないネットワークを構築することが現在の解決するべき第一の課題だろう。

Cointelegraph

No items found.
Latest Post