Bitcoin.orgがSegwit2xを非難

bitcoinjpjj

サトシ・ナカモトがドメインを取得し、ビットコインの初期にソフトを頒布するために作られたサイト「Bitcoin.org」(既に権利移管済み)が、Segwit2Xを非難するブログを公開した。

Bitcoin.orgによれば、Segwit2xを支持するNYAに合意した企業の利用者に対して、注意喚起を行うとのことだ。そもそもSegwit2xのハードフォークが実際に行われるかすら定かではないものの、Bitcoin Cashと異なりSegwit2xには正式な名前も割り当てられていないため、誤解を避けるためにも先んじて注意をうながす狙いだと考えられる。

Bitcoin.org自体は公式サイトという位置づけではなく、あくまで多数のファンサイトのひとつとして運営されており、ここで述べられている内容がビットコインプロジェクトを代表する意見ではない。とはいえ、内容が内容だけに、以下に引用して紹介したい。

2017年10月11日(UTC)より、Bitcoin.orgはサイトの全ページで、議論を呼ぶハードフォークSegwit2x(S2X)をデフォルトで使用するサービスの利用に際したリスクを、ユーザーに対して注意喚起を行うことを計画しています。S2X企業のすべてを名指しする予定です。実際にユーザーのデポジットをリスクに晒す企業のユーザーにのみ警告するため、すべての企業は上記の日付までにスタンスを明らかにし、Bitcoin.orgのイシュー#1835にコメントするように。 特に、以下のことを知る必要があります:
  1. 当該企業は、いかなる状況においても"Segwit2x"を"BTC"または"Bitcoin"として扱わない。付記:Bitcoinはマイナーによってルール決定されず、マイナーの行動はBitcoinを再定義することはできません。
  2. 当該企業は、デフォルトでユーザーのビットコインを奪ったりしない。(例:リプレイ攻撃の対策をせずにS2Xソフトを動かす、ユーザーのビットコインを勝手に売却する、S2Xのデポジットだけを表示するなど)。S2Xコインの提供は自由です。
  3. 当該企業は、従来のビットコインサービスを継続する。(S2Xユーザーではない人に対して) Bitcoin.orgは、S2Xのような対立するハードフォークを非難しますが、上記の3点を守った上で、BitcoinとS2Xをそれぞれ別々の暗号通貨として扱うことは許容します。
※ "SegWit2x"はSegWitと関係がありません。SegWitは既に有効化されており、異なる人びとによって支持されています。 ※ S2Xはリプレイ攻撃対策を行ったと主張していますが、彼らのバージョンでは、BTCの喪失を防ぐために追加の措置を手動で講じる必要があります。S2Xのソフトウェアを慎重に利用しなければ、あなたのBTCが失われる恐れがあります。

企業名は多数あるため割愛した。日本の企業としては、5月にNYAに署名したbitFlyerの名前も挙がっているようだ。

Bitcoin.orgIssue #1835

No items found.
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL