リップル相場分析 : 週末の下落は移動平均線でサポートされる、もう1段上昇すれば再び高値76円を目指すか

真田雅幸
2020-12-21
(
Mon
)

12月20日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのFisherとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。

リップルは週末にやや売られ2日連続の陰線を記録しました。一方、価格は移動平均線を上回り高値圏で揉み合っています。移動平均線でサポートされプライスアクションは悪くありません。

オシレーターは徐々に上向きつつあり先週と比べモメンタムは改善しています。Fisherは昨日プラス域を回復し買いシグナルが点灯しました。MACDは遅行線を下回っている一方、下落は止まっており遅行線に近づきつつあります。価格がもう少し上昇するとMACDでもゴールデンクロスが発生するでしょう。

ADX(24)は下落しており上昇トレンドの弱体化を示唆しています。

リップルは先週、価格が移動平均線の上位を維持したことでチャートが改善しています。テクニカル的には強い買いシグナルは出ていない一方、もう一歩のところまで来ています。今週、強いプライスアクションが出れば買いシグナルの点灯と共に上昇が期待できます。65円を超える値動きがあれば間近高値の76円を目指す展開になると予想されます。

XRP/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

昨日のリップル(XRP)の日足終値は、前日から3.1%下落した57.8円でした。価格は14EMA(57.5円)を上回り強気示唆です。53EMA(48.7円)は上昇中で長期トレンドも強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(58.0円)が先行スパン2(50.4円)を上回り強気示唆です。

Trending Signal

・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移
・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移
・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移

XRP/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

Centered Oscillator Signal

弱気バイアス・シグナル : CCI(-16)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。
強気バイアス・シグナル : Fisher(0.3)はプラス域で推移しており強気示唆です。Trigger(-0.0)を上回り買いシグナルが点灯しています。
強気バイアス・シグナル : MACD(2)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(3)を下回り買いシグナルは出ていません。

著者
真田雅幸
マーケット・アナリスト

decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。

decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL