リップル相場分析 : 今週強く買われ 8月の高値圏を回復、テクニカル的に非常に良い相場状況

真田雅幸
2020-11-20
(
Fri
)

11月19日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。
リップルは今週11%ほど上昇し強く買われています。昨日も陽線を記録しており底堅く推移しています。価格は8月に記録した高値圏まで回復しています。
オシレーターはプラス域の高値で推移しており良好なモーメンタムを示しています。Fisherは本日の始値から再びゴールデンクロスしています。ADX(33)も大きく上昇しており強いトレンドの発生を支持しています。ボラティリティも上昇し、良い相場状態と言えます。
リップルは現在強い上昇トレンドに乗っており、今後のさらなる上値追いに期待が持てます。32円〜34付近は一度跳ね返されている価格帯であるため多少の売り圧力も予想されますが、このラインを抜けると年初来高値の37円が視界に入ってくるでしょう。

XRP/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

昨日のリップル(XRP)の日足終値は、前日から3.0%上昇した31.4円でした。価格は14EMA(28.6円)を上回り強気示唆です。53EMA(26.9円)は上昇中で長期トレンドも強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(28.6円)が先行スパン2(28.0円)を上回り強気示唆です。

Trending Signal

・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移
・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移

XRP/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

Centered Oscillator Signal

強気バイアス・シグナル : CCI(155)はプラス域で推移しており強気示唆です。
強気バイアス・シグナル : Fisher(3.6)はプラス域で推移しており強気示唆です。Trigger(3.8)を上回り買いシグナルが点灯しています。
強気バイアス・シグナル : MACD(1.2)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(0.7)を上回り買いシグナルが発生しています。

新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL