リップル相場分析 : 4日連続の陽線を記録し27円のレジスタンスに近づく、ついに上抜けか

真田雅幸
2020-11-12
(
Thu
)

11月11日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。
リップルは4日連続の陽線を記録しており今週は強く買われています。価格は27円付近のレジスタンスにジリジリと近づいています。昨日は14EMAが53EMAをゴールデンクロスしています。
オシレーター系はプラス域で上昇中でモーメンタムは良好な状態です。マイナス域に沈んでいたMACDも2日前にプラス域を回復し買いシグナルが発生しました。ADX(20)は基準値の20を僅かに上回りトレンドの発生を示唆しています。ADXは上向きに推移してしておりボラティリティの上昇を示しています。
リップルは現在レジスタンス付近でコンソリデーションしており、強気の値動きがみられます。オシレーターやボラティリティは上昇傾向にあり相場環境は良い状態にあると言えます。レジスタンスを明確に超えると強いトレンドが発生しもう1段の上昇が見込まれます。

XRP/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

昨日のリップル(XRP)の日足終値は、前日から1.0%上昇した27.0円でした。価格は14EMA(26.0円)を上回り強気示唆です。53EMA(26.0円)は上昇中で長期トレンドも強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(25.7円)が先行スパン2(25.3円)を上回り強気示唆です。

Trending Signal

・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移
・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移

XRP/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

Centered Oscillator Signal

強気バイアス・シグナル : CCI(109)はプラス域で推移しており強気示唆です。
強気バイアス・シグナル : Fisher(1.5)はプラス域で推移しており強気示唆です。Trigger(1.0)を上回り買いシグナルが点灯しています。
強気バイアス・シグナル : MACD(0.1)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(-0.0)を上回り買いシグナルが発生しています。

新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL