ビットコイン相場分析 : 終値は380万円を回復、小幅に上昇もレンジ内推移が継続

真田雅幸
2021-01-19
(
Tue
)

1月18日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。

昨日のビットコインは移動平均線付近から小幅に反発し終値は380万円を回復しました。上昇率は2.3%でした。価格は三角持ち合いのレンジ内での推移が継続しています。

オシレーターはFisherが唯一マイナス域で推移していましたが本日からゴールデンクロスしています。CCIも上昇しており短期オシレーターはモメンタムの回復を示唆しています。MACDは引き続き遅行線を下回り下降傾向にあります。

ADX(31)は継続的に下落しており相場の方向感が薄れていることを示唆しています。

ビットコインは昨日やや買われ上昇したため、短期のモメンタムが上昇しています。一方、日足のプライスアクション全体をみるとレンジ内での推移であるため、上昇の継続性に疑問符が付きます。また価格がレンジ推移している間はオシレーター系インジケーターが機能しづらいため注意が必要です。350万円、400万円といった相場の山と谷になったキーとなるラインをブレイクするまではトレンドフォロー系のトレードは様子見となりそうです。短期ではレンジ幅を狙った逆張りトレードが有効であると考えられます。

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

昨日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から2.3%上昇した380.4万円でした。価格は14EMA(371.0万円)を上回り強気示唆です。53EMA(293.8万円)は上昇中で長期トレンドも強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(353.3万円)が先行スパン2(305.7万円)を上回り強気示唆です。

Trending Signal

・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移
・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移
・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移
・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

Centered Oscillator Signal

強気バイアス・シグナル : CCI(34)はプラス域で推移しており強気示唆です。
弱気バイアス・シグナル : Fisher(-0.2)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Trigger(-0.2)を下回り売りシグナルが点灯していますが、本日ゴールデンクロスが発生しています。
強気バイアス・シグナル : MACD(307370)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(364085)を下回り買いシグナルは出ていません。

ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL