ビットコイン相場分析 : ビットコインは400万円を回復し最高値を試す展開、テクニカル的には200万円付近と似た状況に

真田雅幸
2021-01-15
(
Fri
)

1月14日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。

ビットコインは昨日続伸し終値を400万円台に再び乗せました。上昇率は4.2%でした。安値を切り上げ高値を試す強いプライスアクションが見られます。

短期オシレーターのCCIは上昇しています。Fisherは下落中ですがゴールデンクロスが本日発生しています。MACDも下げ止まり横ばい推移となっています。オシレーターは短期では上昇し、中長期では上昇に転じようとしています。

ADX(40)は下落を続けており上昇トレンドの弱体化を示唆しています。

現在ビットコインは最高値圏に近づいており重要な相場の局面を迎えています。まずは423万円の終値ベース高値を更新できるかがポイントとなります。高値を更新すると長期オシレーターも再び上向くため、買いポジションの追い風となります。逆に高値を更新できないようだと高値を切り下げる弱気のチャートストラクチャーになる可能性があるため注意が必要です。

200万円付近でもビットコインは一旦売られMACDがデスクロスしており、現在と似たテクニカル状況でした。前回は高値を更新しMACDもゴールデンクロスしその後の価格の高騰に繋がりました。今回も前回と同様の結果になるか否かに注目です。

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

昨日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から4.2%上昇した405.5万円でした。価格は14EMA(366.1万円)を上回り強気示唆です。53EMA(280.1万円)は上昇中で長期トレンドも強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(353.1万円)が先行スパン2(302.7万円)を上回り強気示唆です。

Trending Signal

・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移
・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

Centered Oscillator Signal

強気バイアス・シグナル : CCI(94)はプラス域で推移しており強気示唆です。
強気バイアス・シグナル : Fisher(0.5)はプラス域で推移しており強気示唆です。Trigger(0.7)を下回り買いシグナルは出ていません。
強気バイアス・シグナル : MACD(402994)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(405207)を下回り買いシグナルは出ていません。

ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL