ビットコイン相場分析 : 53EMA上位から売られるもののレンジ内での値動き

真田雅幸
2020-10-07
(
Wed
)

10月6日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日売られ1.6%下落しました。一昨日の上昇を打ち消す値動きになりました。これにより日足終値は移動平均線を下回ってしまいました。53EMAの上位には強いレジスタンスが存在するようです。ADX(14)は引き続き下落しており、ビットコインが価格調整相場にあることを示唆しています。ビットコインはレンジを抜けておらず本日も小幅な値動きになることが予想されます。強いトレンドはないものの、オシレーターはマイナス域で推移しているため急落には注意が必要です。

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

昨日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から1.6%下落した112.2万円でした。価格は14EMA(112.7円)を下回り弱気示唆です。53EMA(113.7万円)は横ばい推移で長期トレンドは中立です。一目均衡表の雲は先行スパン1(112.2万円)が先行スパン2(118.3万円)を下回り弱気示唆です。

Trending Signal

・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移
・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移
・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移
・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

Centered Oscillator Signal

弱気バイアス・シグナル : CCI(-8)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。
弱気バイアス・シグナル : Fisher(-0.0)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Trigger(-0.1)を上回っていましたが本日の始値でデスクロスが発生しています。
弱気バイアス・シグナル : MACD(-4888)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。一方、Signal(-6707)を上回り強い売りシグナルは出ていません。

新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL