セキュリティートークン市場を模索するジェミニがFINRAへ登録

真田雅幸
2022-01-27
(
Thu
)

米暗号資産(仮想通貨)交換業のジェミニがFINRA(Financial Industry Regulatory Authority)への登録を完了させた。米国で証券仲介ブローカー業務を行うにはFINRAへの登録が必要で、今後ジェミニは、セキュリティ・トークン(証券)の取引サービスを提供することができるようになる。


ジェミニのジョン・レインハード氏は


「初期段階では証券のプライベートセールを想定しており、市場が成熟した暁にはパブリックセールも実施するだろう」


とコインデスクに語った。


仮想通貨市場では現在、NFTが世間の関心の中心となっているが、ジェミニは企業の資金調達も行えるよう環境を整えている。セキュリティー・トークンは2016年頃から発行・販売されるようになり、ICO(Initial Coin Offering)として日本でも話題になった。


ICOは誰でも証券を発行し販売できることの容易さがある反面、投資家保護や資金運用の透明性を確保することが難しく、詐欺的なモノも少なくなった。ジェミニは、規制に沿った方法で販売することで投資家に不利にならないよう努める。


ジェミニはセキュリティー・トークンの取引システムをより洗練させることにより、この市場が拡大すると考えている。NFTのようにあらゆるものがデジタル化される大きな流れが今後、証券にも来ると考えているようだ。


ジェミニはFacebookの元となったアイディアを考案したことでも知られるWinklevos兄弟によって設立され、2014年より営業を開始している。同社はNifty Gatewayという名称のNFTマーケットプレースの運営も行っている。

No items found.
著者
真田雅幸
マーケット・アナリスト

米国の大学で経済学を専攻しお金の流れについて興味を持つ。在学中にビットコインに興味を持ち、bitbankのメディアで寄稿を行う。2015年頃からビットコインのトレードを始め、デリバティブ情報も分析しながらトレードを行う。

米国の大学で経済学を専攻しお金の流れについて興味を持つ。在学中にビットコインに興味を持ち、bitbankのメディアで寄稿を行う。2015年頃からビットコインのトレードを始め、デリバティブ情報も分析しながらトレードを行う。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL