マスターカードがNFT市場に参入、コインベースとタッグ

真田雅幸
2022-01-20
(
Thu
)

決済大手のマスターカードは、米暗号資産(仮想通貨)取引所のコインベースとの新たなパートナーシップを発表した。これにより今後コインベースからリリースされるマーケットプレースでNFTを購入する際、マスターカードを利用することができるようになる。


通常NFTを購入するには、仮想通貨のウォレットを用意し、支払うためのトークンを入手する必要がある。その上で、マーケットプレースでNFTを購入する流れになる。マスターカードはこの一連の流れを簡素化するためにコインベースと組んだ。


マスターカードはブログ内で以下のように言及している。


「デジタル・アイテムの購入は、Tシャツやコーヒーを購入するのと同じくらいシンプルであるべきだ。クリックするだけだ。それだけで購入できるようにする。」


コインベースのマーケットプレースの詳細なリリース時期は明らかになっていないが、現在はウェイトリストを受け付けている状態だ。ウエイトリストの登録者の数はすでに100万ユーザーを超えている。


NFTは日を追うごとに市場規模が拡大しており、2021年の第3四半期は取引量が107億ドルを記録した。第4四半期には取引量を119億ドルに伸ばし好調な市場環境を維持してしてる。

No items found.
著者
真田雅幸
マーケット・アナリスト

米国の大学で経済学を専攻しお金の流れについて興味を持つ。在学中にビットコインに興味を持ち、bitbankのメディアで寄稿を行う。2015年頃からビットコインのトレードを始め、デリバティブ情報も分析しながらトレードを行う。

米国の大学で経済学を専攻しお金の流れについて興味を持つ。在学中にビットコインに興味を持ち、bitbankのメディアで寄稿を行う。2015年頃からビットコインのトレードを始め、デリバティブ情報も分析しながらトレードを行う。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL