ビットコインETF遂に今週登場、短期的な価格への影響値に注目集まる

真田雅幸
2021-10-19
(
Tue
)

今週ProSharesが発行するビットコインETFがニューヨーク証券取引所で取引が開始される。アメリカでビットコインETFが取引されることは史上初となり、市場関係者は価格への影響に注目している。


ビットコインETFのローンチ情報は先週金曜日にリークが出だしていた。ETF関連の情報が市場に伝わると、それまで650万円付近で揉み合っていたビットコインは一気に700万円を超えてきた


ビットコインETFはBITOのティッカーシンボルで発行される。ProSharesはホームページのトップにビットコインETFの宣伝を大々的に行っており、後は取引が開始されるのを待つだけだ。


proshares.comより作成


通常、ビットコインや他の暗号資産(仮想通貨)へ投資するには、仮想通貨取引所のアカウントを開設し、現物を購入し保有する必要がある。自身で現物を保有するには取引所とは別にウォレットを用意する必要があるなど、仮想通貨投資初心者にとってはやや不慣れな作業を強いられる。


伝統的な金融市場である株式やコモディティに投資する投資家は、今まで通りのブローカーを活用しビットコインETFを購入することができるようになった。今回のETFの発行は仮想通貨へのエクスポージャーを検討する投資家の参入障壁をやや引き下げるものと見られている。


ビットコインの先物取引はCMEが2017年に提供を開始しており、ETFの発行まで約4年の歳月がかかった。ProSharesのETF発行をきっかけにアメリカではビットコイン関連のETFが続々登場すると予想されている


ETFの登場は新たな市場参加者の呼び水となり長期的にはビットコイン価格へポジティブな影響が期待される。一方、先物取引が開始された当時など、歴史的には好材料とされるニュースドリブンで価格が上昇した後は価格が大きく下落する場合も多いため、過度な上昇期待には注意したいところだ。

No items found.
著者
真田雅幸
マーケット・アナリスト

decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。

decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL