コインベースもNFTマーケットプレイスを事業参入を発表、サービス競争は激しさを増す

真田雅幸
2021-10-13
(
Wed
)

日本にも市場参入した米取引所のコインベースがNFTマーケットプレイスをリリースすることを発表。NFTマーケットプレイスは国内外の取引所が力を入れているサービスで、海外ではバイナンスやFTXといった取引所が早くからサービスを展開している。


コインベースは新たなブログを公開しており、マーケットプレイスではNFTの購入のみならず発行、展示、発掘などを行うことができることを明らかにした。また取引はP2Pで行うことができる仕組みだ。


NFTは暗号資産(仮想通貨)界隈で最もホットな分野で日本でも有名アーティストがNFT事業に参入する事例も出てきている。界隈に精通するコアユーザーのみならず一般層への浸透が期待されている分野だ。NFTはICO、DEX、DeFiなどに次ぐ新たなブームを巻き起こしている。


The Blockより作成


NFTの取引量は間近でやや落ち着いてきていはいるものの、今年の始めから比べると取引量は底上げされている。週次では8月22日の週に取引量が初めて10億ドルを突破している。先週は2.6億ドルの取引があった。


NFTマーケットプレイスではOpeanSeaが最もポピュラーなサービスとして知られているが、多くのユーザーを抱えるコインベースが参入することで事業間のサービス競争はさらに激しくなりそうだ。2021年第二四半期時点でコインベースのユーザー数は6800万人に上り、アクティブユーザー数は880万人を記録している。今後どの事業者が市場シェアを多く獲得するかにも注目が集まる。

No items found.
著者
真田雅幸
マーケット・アナリスト

decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。

decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL