今年はやはり犬コインの年か?DOGEに続きSHIB価格が300%以上高騰

真田雅幸
2021-10-13
(
Wed
)

今年に入り柴犬をモチーフに作られたコイン「ドージコイン(DOGE)」の価格が大幅に上昇し話題になったが、今度は「シバイヌ(SHIB)」の価格が急騰している。SHIBはDOGEのミームコインとして2020年8月に作られた。コインのロゴもイヌのキャラクターが採用されている。


CoinGeckoより作成


SHIBは9月に0.000006ドルほどで取引されていたが、10月に入り上昇トレンドが発生し相場が急騰した。10月7日には一時0.000033ドルまで価格が上昇し、間近1ヶ月の上昇率は300%を超えた。


SHIBの急騰の主な要因として挙げられているのが、イーロン・マスク氏のツイートだ。マスク氏はビットコインをはじめ暗号資産(仮想通貨)にポジティブな人物として知られており、度々関連ツイートを行っている。DOGEのように流動性が低いコインは、マスク氏のツイートに価格が反応する場面もあった。


イーロン氏は9月に柴犬の子犬を飼い始めたことがわかっており、ソーシャル上では犬に関連するコイン価格が上昇するのではと話題だった。

10月4日にマスク氏はテスラに乗った子犬の写真をツイッターに投稿している。このツイートとSHIBが急騰し始めたタイミングはほぼ同時だった。

仮想通貨市場ではソーシャル上で話題になり注目されることでコインの価格が上昇することがよくある。機能面よりコインを運営する側のマーケティングが市場では評価されることもある。マスク氏のツイートはかなりランダムだが、特定のコインに対して意図しないマーケティング効果を生み出していると考えられる。SHIBは仮想通貨ランキングで11位まで上昇しており、時価総額は犬コインの本家DOGEの約半分となっている。

No items found.
著者
真田雅幸
マーケット・アナリスト

decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。

decentralize システムに興味あり。仮想通貨リサーチャー。 大学で経済学を学び仮想通貨にフリーマーケットの可能性を見る。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL