仮想通貨業界の弁護士からみた見解とはーSECによるリップル社訴訟問題

CoinPartner
2020-12-25
(
Fri
)


先日、米国証券取引委員会(SEC)がリップル社に対して13億ドルの訴訟を正式に起こした。

この状況に対して仮想通貨業界の各弁護士は、この訴訟への見解をそれぞれ示している。

仮想通貨業界の弁護士が見解を語る

仮想通貨業界の弁護士たちが、米証券取引委員会(SEC)がリップル社を相手取って起こした訴訟への見解を示している。

弁護士のJake Chervinsky氏によると、今回の訴訟は、リップル社が未登録の証券としてリップル(XRP)を違法に売却したという米証券取引委員会(SEC)の主張はかなり優勢にあるとのことだ。

これはリップルには悪いことだ。最悪のケースではないが、かなり証券詐欺に近い。XRPはセキュリティと見なされると、基本的には役に立たない。今日までの違反を主張するのは必殺となる。個々の幹部への告発は注目に値する。

This is quite bad for Ripple. Not exactly worst case, that'd be securities fraud, but close.

XRP is basically useless if deemed a security. Alleging violations through present day is a kill shot. Charging individual executives is remarkable.

This is the SEC playing hardball.

— Jake Chervinsky (@jchervinsky) December 22, 2020

また、ブロックチェーンとデジタル通貨を専門とする弁護士事務所Anderson Killの弁護士であるStephen Palley氏によると、「SECはXRPの配布が明らかに中央集権化されていたと考えている」とのことだ。

SECは、この訴状を歴史的な観点から始め、XRPとリップル社の歴史的見解が当初はほとんど同じであったことを示している。

The SEC begins this Complaint with a little bit of history, demonstrating that in their view of history XRP & Ripple were pretty much the same thing at the outset. pic.twitter.com/hvwOqaBun0

— Palley (@stephendpalley) December 22, 2020

彼らはまた、それがおそらく証券募集だという法的なアドバイスを受けました(したがって登録する必要があります)。どうやってそのメモがSECの手に渡ったのか知りたいです。

Ohhhh, they also got legal advice that it was probably a securities offering (and thus need to be registered).

Curious to know how that memo came into the hands of the SEC. That's an ouch. pic.twitter.com/ZiDJPNp0PU

— Palley (@stephendpalley) December 22, 2020

これらはすべて、SECの目からみて、流通面でかなり中央集権化されており、リップル社と同社の幹部は7億ドル以上の利益を得ています。

Anyhoo ... this was all pretty damn centralized, distribution-wise, in the SEC's eyes, netting Ripple and it's execs more than $700 million in profit. pic.twitter.com/vJfpyP5Xor

— Palley (@stephendpalley) December 22, 2020

(SECが公表した)2019年までのリップル社幹部による市場販売と投資家向け販売。

market sales and institutional sales by Ripple execs through 2019 ... pic.twitter.com/wbMftDwu9z

— Palley (@stephendpalley) December 22, 2020

この大きな事件に対して、著名投資家や機関、そして弁護士などが様々な見解を語っている。

そのなかで、当記事が取り上げた2名の弁護士はリップル社が劣勢にあるとみているようだ。

今後のリップル価格に大きく影響する事柄であるため、引き続きリップル社とSECを巡るこの問題について多くの意見や見解を集めていきたい。

作成・提供元:CoinPartner

元記事:https://coinotaku.com/news/articles/104845

No items found.
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL