米証券取引委員会が正式にリップル社を提訴|前日同時刻比-19%の下落

CoinPartner
2020-12-23
(
Wed
)


昨日、リップル社CEOのGarlinghouse氏が、米証券取引委員会(SEC)から提訴されると発表したが、本日ついにSECが正式に発表することとなった。

XRPの証券問題がついに法廷で争われることとなる。

米証券取引委員会が正式にリップル社を提訴

米証券取引委員会(SEC)がついにリップル社およびCEOのBrad Garlinghouse氏とChristian Larsenを正式に提訴した。

マンハッタン連邦地方裁判所に提出された訴状によると、ライセンスを受けていない有価証券の提供を通じて、13億ドル(約1346億円)以上を調達したため、証券法に違反しているとのことだ。

そしてリップル社が、労働力やマーケットメイキングサービスなど、現金以外の対価と引き換えに数十億のXRPを配布したことにも追及している。

そしてLarsen氏とGarlinghouse氏ついては、会社の事業資金に使われたXRPの販売を仕組化して宣伝したことに加えて、合計約6億ドル(621億円)のXRPの個人的な無登録販売も行っていたと主張している。

SEC執行部のディレクターであるStephanie Avakian氏はこの件に関して以下のようにコメントしている。

リップル社およびLarsen氏とGarlinghouse氏が、現在進行中の数十億ドルのXRPの個人投資家への販売の登録を怠ったことで、購入者からXRPとリップル社の事業についての十分な情報開示と、強固な公的市場システムの基礎となる重要な長期にわたる保護を奪いました。

SECの規制の下では、個人や仮想通貨企業は証券としての資格がある場合には、コミッションに登録するか、免除を受けて提供を登録しなければならない。

しかし、どのトークンが有価証券に該当するかは、長年論争の的となっている。

そして昨日からのSECの訴訟のニュースは、XRP価格の急落を引き起こしている。

現在もXRPの価格は下落傾向が続いており、23日7時時点で0.4258ドル(約44.12円)で前日同時刻比-19%の大幅下落となっている。

(参考 TradingViewのXRPUSDチャート 1時間足)

果たしてこの問題でXRPの価格にどれほどの影響が出るのだろうか、今後の動きに注意したい。

作成・提供元:CoinPartner

元記事:https://coinotaku.com/news/articles/104845

No items found.
著者
CoinPartner
CoinPartner

国内最大級の仮想通貨メディアCoinPartnerです。https://coinotaku.com/

国内最大級の仮想通貨メディアCoinPartnerです。https://coinotaku.com/
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL