イーサリアムのハードフォーク再び、3ヶ月ぶり2回目

スクリーンショット 2016-07-12 18.15.28

イーサリアムのネットワークが継続的なDOS攻撃(Denial-of-Service Attack)に見舞われていることを受け、Vitalik Buterinがハードフォークの可能性を示唆した。

ハードフォークの内容は、各種ガスコスト(イーサリアムにおけるネットワークの利用コスト)を引き上げるというもので、EIP150で提案されている。50億円相当の被害を帳消しにしたハードフォークの敢行から3ヶ月後のことだ。

9月の始めより続くDOS攻撃は、ネットワークのノードを立て続けにクラッシュさせ、Shapeshiftをはじめ交換所を中心にサービスを一時停止に追い込んだ。ガスコストを引き上げるEIP150は、その中で提案されたプロポーザルであり、Vitalik Buterinを含む開発者らは攻撃者からの攻撃を防止するための対策に取り組んできたが、ハードフォーク以外の方法が現状見つかっていない。

「(Ethcoreが取り組む)パリティクライアントのみのネットワークは、攻撃を受けているにも関わらず正常に稼働していることを実証した」と、Ethcoreの開発者であるMarek Kotewiczは話す。「しかし、欠陥はプロトコルにあり根本的解決にはならない。プロトコルを修正するのが最も近道だ」

EIP150をいつ導入するかに関しては確定していないものの、既定路線に向かっていることは間違いない。他方で、ガスコスト(gas price)の適正値については更に検討が必要になるだろう。Vitalik Buterinは次のように語った。

「動的な決定モデルの構築は研究課題です。EIP150のハードフォークのためにレビューや研究のための時間をかけるのは合理的ではありません。短期的には、”スタークラフト・スタイルのリバランス”は前進するための唯一の現実的な方法です。」

なお、Ethcore(Ethereum Foundationとは別の組織)はTwitter上で、クライアントのガスリミットを50万に変更することで、ハードフォークが実施されるまで攻撃を凌ぐことを提案している。

We are recommending that miners retarget for a 500k gas limit until we get the hard fork sorted. Statement from eth foundation to follow.

— ETHCORE (@ethcoreproject) 2016年10月12日

reddit

No items found.
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL