リップル相場分析 : 今週は利確売りに押される展開、売りの一巡待ち

真田雅幸
2020-07-16
(
Thu
)
Facebook
Twitter
Line

7月15日のリップルの日足のプライスアクションは強気を示唆し、オシレーターはこれをコンファームしています。今週のリップル日足は陰線が目立っており、先週の上昇の利確売りに押されているようです。一方、価格は移動平均線の上位を保っており強気示唆が維持されています。一目均衡表の雲は先行スパン1が先行スパン2をゴールデンクロスしており長期トレンドが上向きつつあります。利確売りが一巡すると再び高値を目指す展開が期待されます。


XRP/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


リップル(XRP)の日足終値は、前日から1.0%下落した21.1円でした。価格は14EMA(20.8円)を上回り強気示唆です。53EMA(20.7円)は上昇中で長期トレンドも強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(20.9円)が先行スパン2(20.8円)を上回り強気示唆です。


DailyTradingSignal

・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移

・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移

・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移

・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移

XRP/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

Centered Oscillator Signal

強気バイアス・シグナル : CCI(89)はプラス域で推移しており強気示唆です。

強気バイアス・シグナル : Fisher(1.3)はプラス域で推移しており強気示唆です。Trigger(1.5)を下回り買いシグナルは出ていません。

強気バイアス・シグナル : MACD(0.3)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(0.1)を上回り買いシグナルが点灯中です。



Latest Post