ビットコイン相場分析 : ボラティリティは更に低下、弱気筋が若干優勢か

真田雅幸
2020-07-20
(
Mon
)
Facebook
Twitter
Line

7月19日のビットコインの日足のプライスアクションは弱気を示唆しオシレーターこれをコンファームしています。ビットコインは引き続きレンジ相場が続いており大きなトレンドは発生していません。一方、オシレーターはすべてマイナス域で推移し弱気トレンドが若干優勢です。先週の週足は0.8%の下落となりボラティリティはかなり低下しており、レンジ相場の終わりは近いと予想されます。日足は雲の下で推移し始めておりレンジの下方ブレイクに注意が必要そうです。


BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


ビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から0.3%上昇した98.7万円でした。価格は14EMA(98.9万円)を下回り弱気示唆です。53EMA(98.8万円)は横ばい推移で長期トレンドは中立です。一目均衡表の雲は先行スパン1(99.1万円)が先行スパン2(103.2万円)を下回り弱気示唆です。


DailyTradingSignal

・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移

・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

Centered Oscillator Signal

弱気バイアス・シグナル : CCI(-47)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。

弱気バイアス・シグナル : Fisher(-1.4)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Trigger(-1.3)を下回り売りシグナルが点灯しています。

弱気バイアス・シグナル : MACD(-4134)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Signal(-4000)を下回り売りシグナルが点灯しています。



Latest Post