ビットコイン相場分析 : 価格は長期移動平均を下回る、下落に注意か

真田雅幸
2020-07-16
(
Thu
)
Facebook
Twitter
Line

7月15日のビットコインの日足のプライスアクションは弱気を示唆しオシレーターはこれをコンファームしています。昨日、価格は小幅に下落し53EMAを下回りました。レンジ相場が続いている一方、オシレーターは下降トレンドに入っておりモーメンタムが悪化しています。MACDのデスクロスも間近に迫っており下落に注意が必要です。今の所相場に大きな変化はありませんが、動くとしたら下落方向へ動く公算が高まりつつあります。


BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


ビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から0.8%下落した98.6万円でした。価格は14EMA(99.2万円)を下回り弱気示唆です。53EMA(98.9万円)は横ばい推移で長期トレンドは中立です。一目均衡表の雲は先行スパン1(99.9万円)が先行スパン2(101.9万円)を下回り弱気示唆です。


DailyTradingSignal

・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移

・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

Centered Oscillator Signal

弱気バイアス・シグナル : CCI(-39)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。

弱気バイアス・シグナル : Fisher(-0.3)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Trigger(0.1)を下回り売りシグナルが点灯しています。

弱気バイアス・シグナル : MACD(-3117)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Signal(-3815)を上回り強い売りシグナルは出ていません。



Latest Post