ビットコイン相場分析 :100万円維持できず、小幅なレンジ相場が継続

真田雅幸
2020-07-14
(
Tue
)
Facebook
Twitter
Line

ビットコインの日足のプライスアクションは弱気を示唆しオシレーターのMACDがこれをコンファームしています。CCIとFisherはプラス域で推移しており強気示唆です。昨日は一時100万円を回復しましたが、高値を維持することができず売られ日足は陰線になりました。価格は再び14EMAを下回り弱気示唆になりました。値動きは引き続き方向感がない小幅なレンジ相場です。53EMA(98.9万円)を下回るとチャートは弱気に傾くため下落に注意が必要になります。


BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


7月13日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から0.2%下落した99.3万円でした。価格は14EMA(99.4万円)を下回り弱気示唆です。53EMA(98.9万円)は横ばい推移で長期トレンドは中立です。一目均衡表の雲は先行スパン1(99.5万円)が先行スパン2(101.9万円)を下回り弱気示唆です。


DailyTradingSignal

・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移

・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移

・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

Centered Oscillator Signal

強気バイアス・シグナル : CCI(0.2)はプラス域で推移しており強気示唆です。

強気バイアス・シグナル : Fisher(0.4)はプラス域で推移しており強気示唆です。Trigger(0.4)を上回り買いシグナルが点灯しています。

弱気バイアス・シグナル : MACD(-2924)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Signal(-4314)を上回り強い売りシグナルは出ていません。



Latest Post