BTCNウィークリーニュース ~ 2015/09/14 : 資金調達ラッシュの一週間

fund

<table><thead>今週の相場サマリー</thead><tr><td>日付</td><td>現物</td><td>前日比</td><td>四半期FX</td><td>前日比</td></tr><tr><td>09/13(日)</td><td>230.850</td><td>-1.833%</td><td>234.450</td><td>-2.499%</td></tr><tr><td>09/12(土)</td><td>235.160</td><td>-2.163%</td><td>240.460</td><td>-2.478%</td></tr><tr><td>09/11(金)</td><td>240.320</td><td>+0.641%</td><td>246.490</td><td>+3.043%</td></tr><tr><td>09/10(木)</td><td>238.790</td><td>-0.084%</td><td>239.210</td><td>-0.004%</td></tr><tr><td>09/09(水)</td><td>238.950</td><td>-1.638%</td><td>239.210</td><td>-1.746%</td></tr><tr><td>09/08(火)</td><td>242.940</td><td>+1.331%</td><td>243.460</td><td>+1.243%</td></tr><tr><td>09/07(月)</td><td>239.740</td><td>+0.175%</td><td>240.300</td><td>+0.435%</td></tr></table>

2015/09/11(金) - 米NASDAQとパートナーシップを結び、同社の未公開株プラットフォームの構築に携わるChain.comが、クレジットカード最大手ブランドVISA、CapitalOne、欧州通信大手オレンジSA、大手金融機関のVC子会社シティベンチャーズらから3,000万ドルの資金調達を行ったことが明らかになった。Chain.comはブロックチェーンのAPIや独自チェーンの開発を行う企業で、以前はコンシューマ向けにビットコインのパブリックAPIを提供していた。(BTCN)

2015/09/10(木) - ブライス・マスターズ率いるデジタルアセットホールディングスが、自社のブロックチェーンテクノロジーを使いスタートアップの新株発行の一部を担ったことを明らかにした。DAHと提携し新株発行を行ったのは予測マーケットのPivit、群衆による予測データのリアルタイム配信と投票プラットフォームを提供する企業だ。どのような法律の下でこれを発行したかは定かではないが、株式は1933年証券法や他の州法などいかなる法規制の下に発行されたものではなく、これを株式公開や流通市場において売却することはできないとプレスリリースで述べられている。(BTCN)

2015/09/09(水) - ビットコインの国際送金プラットフォームAbraが1,200万ドルの資金調達を行った。ビットコイン企業に投資を続けるRREベンチャーズ、またアーバーベンチャーズらによって主導された。Abraは国際送金の手数料や手間を軽減するため世界中の取引所と連携し、ユーザーがビットコインやブロックチェーンを認識せずに気軽に送金を行えるスマートフォンアプリを提供する。創業者のビル・バーハイド氏はAbraのウォレットに関して「単に高性能な資産管理アプリであって、あなたは中身を理解する必要はない」と述べた。

2015/09/08(火) - UBSは銀行口座間の決済を担う専用の仮想通貨「セトルメントコイン」の開発に取り組んでいることを明らかにした。セトルメントコインは独自のブロックチェーンを用いた仮想通貨で、機関向けのバックエンドソリューションだ。同コインの開発にはブロックチェーンを用いて店頭市場のためのクリアリングネットワークを構築するスイスのスタートアップCleamaticsが加わる。なお、UBSは今年の4月にロンドンに構えたラボにおいて、Ethereumのスマートコントラクトを含めた20以上のプロトタイプ開発に取り組んでいるとのことだ。(BTCN)

2015/09/07(月) - アメリカに本拠を置く世界有数の貨物運送会社ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は、ビットコインを国際物流のためのグローバル通貨として見ていることを明らかにした。60年前に生まれたクレジットカードの仕組みは、今のようにより大量に、より小さな単位で物流が起こることを想定しておらず高い手数料や為替レートに悩まされている。これを解決するのがビットコインだという。同社のVC部門ファンドマネージャーであるRimas Kapeskas氏はこれまでに決済以外のすべてが完全に電子化したのだから、お金も電子化し再定義されるべきであると結論づけた。(BTCN)

No items found.
Latest Post