「BTC/JPY」DailyTradingSignal :  安値更新から一転し強く反発

真田雅幸
2020-06-16
(
Tue
)
Facebook
Twitter
Line

DailyTradingSignal

・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移

・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移

・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


6月15日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から1.1%上昇した101.4万円でした。価格は14EMA(102.7万円)を下回り弱気示唆です。53EMA(98.0万円)は上昇中で長期トレンドは強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(101.7万円)が先行スパン2(95.4万円)を上回り強気示唆です。


Centered Oscillator Signal

弱気バイアス・シグナル : CCI(-56)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。

弱気バイアス・シグナル : Fisher(-1.5)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Trigger(-1.0)を下回り売りシグナルが点灯しています。

強気バイアス・シグナル : MACD(7869)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(16996)を下回り強い買いシグナルは出ていません。


BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


ビットコインの日足のプライスアクションは弱気を示唆し、オシレーターはこれを概ねコンファームしています。インジケーターは弱気示唆の傾向が強い一方、昨日は97万円付近から強く反発し長い下ヒゲを付けた陽線が記録されました。6月11日の安値を一時的に更新しましたが、下落方向に走ることはありませんでした。これによりFisherでは本日ゴールデンクロスが発生しており、売りシグナルが解消されています。相場はいまだに強い方向感を示せずにいるようです。14EMA(102.7万円)を超えてくるようなら再び高値を目指す展開も有り得そうです。

Latest Post