「BTC/JPY」DailyTradingSignal : 百万円から調整局面へ

真田雅幸
2020-01-20
(
Mon
)
Facebook
Twitter
Line

DailyTradingSignal

・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移

・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移

・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移

・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

1月19日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から2.2%下落した95.9万円でした。価格は14EMA(91.8万円)を上回り強気示唆です。53EMA(86.1万円)は上昇中で長期トレンドも強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(90.7万円)が先行スパン2(85.7万円)を上回り強気示唆です。昨日は一時100万円を回復するも直後から売られ最終的に100万円を下回り終値を迎えました。


Centered Oscillator Signal

強気バイアス・シグナル : CCI(134)はプラス域で推移しており強気示唆です。

強気バイアス・シグナル : Fisher(4.1)はプラス域で推移しており強気示唆です。昨日の日足でTrigger(4.2)をデスクロスし買いシグナルが解消されています。


強気バイアス・シグナル : MACD(44659)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(33985)を上回り買いシグナルが継続しています。

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


ビットコインの日足のプライスアクションは強気を示唆し、オシレーターがこれをコンファームしています。昨日は100万円付近から利益確定の売りが重なり、高値から一時6.5%値を下げました。上昇トレンドが継続している一方、Fisherがデスクロスするなどオシレーターに変化も見られ調整局面を迎えているようです。今後は100 万円の高値を再び試す展開が予想されますが、そこから再度売られるようだと弱気なチャートになる可能性があることも考慮に入れる必要がありそうです。



Latest Post