「BTC/JPY」DailyTradingSignal : 覚醒の時は近い

真田雅幸
2020-01-07
(
Tue
)
Facebook
Twitter
Line

DailyTradingSignal

・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移

・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移

BTC/JPY、日足 Bitbank.ccより作成

1月6日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から5.9%上昇した84.1万円でした。価格は14EMA(79.5円)を上回り短期的に強気示唆です。53EMA(82.0万円)はほぼ横ばい推移で長期トレンドは中立です。一目均衡表の雲は、先行スパン1(78.4万円)が先行スパン2(82.2万円)を下回り弱気示唆であるものの、価格が先行スパン2を上回り徐々に強気に偏りつつあります。昨日の終値(84.1万円)は、12月23日の間近高値(84.0万円)を僅かに更新しています。

Centered Oscillator Signal

・強気バイアス・シグナル : CCI(198)はプラス域で推移しており強気示唆です。

・弱気バイアス・シグナル : Fisher(-0.1)はマイナス域で推移しており弱気示唆ですが、Trigger(-0.7)を上回り上昇中で中央ラインに近づいています。本日の始値でプラス域を回復しており、このまま終値を迎えると強気示唆に変化します。

・弱気バイアス・シグナル : MACD(-613)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。一方、Signal(-5844)を上回り上昇中で中立寄りです。

BTC/JPY、日足 Bitbank.ccより作成

ビットコインの日足のプライスアクションは、間近高値の更新や価格が2つのEMAを上回るなど強気を示唆しています。オシレーターは、CCIがプラス域に突入し強気をコンファームしています。FisherとMACDは現在のところ強気を否定した形になっているものの、本日の終値でプラス域へ突入するとCCI同様に強気トレンドがコンファームされます。昨年9月から続いていた下落トレンドが終焉を迎えた可能性が高まっています。

Latest Post