「BTC/JPY」DailyTradingSignal :  ビットコインは大暴落、セリングクライマックスの可能性も

真田雅幸
2020-03-13
(
Fri
)
Facebook
Twitter
Line

DailyTradingSignal

・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移

・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


3月2日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から37.0%下落した52.4万円でした。価格は14EMA(86.1万円)を下回り弱気示唆です。53EMA(95.1万円)は下落中で長期トレンドも弱気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(78.2万円)が先行スパン2(82.7万円)を下回り弱気示唆です。昨日は30%を超える大暴落となり、大陰線が記録されました。


Centered Oscillator Signal

弱気バイアス・シグナル : CCI(-262)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。

弱気バイアス・シグナル : Fisher(-1.9)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Trigger(-1.5)を下回り売りシグナルが点灯中です。

弱気バイアス・シグナル : MACD(-77358)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。Signal(-43320)を下回り売りシグナルが継続しています。

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

ビットコインの日足のプライスアクションは弱気を示唆し、オシレーターはこれをコンファームしています。現在のトレンドは完全に弱気ですが、昨日は約40%の大幅下落であったため、下落トレンドの「最後の売り」と言われるセリング・クライマックスであった可能性があります。昨年6月27日以来の高い出来高が記録されており、昨年はこの日が上昇相場の天井でバイイング・クライマックスでした。短期的に相場が大きく反発するようであれば昨日がセリング・クライマックスだった可能性が上がります。まずは反発を待ちたいところです。






Latest Post