「BTC/JPY」DailyTradingSignal : 底打ち示唆の日足が発生

真田雅幸
2019-12-19
(
Thu
)

DailyTradingSignal

・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移

・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移

・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移

BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成

12月18日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から9.9%上昇した79.6万円でした。価格は14EMA(78.3万円)を上回り短期トレンドは強気です。一方、53EMA(84.8万円)は下落中で長期トレンドは弱気です。昨日の日足は安値更新直後から反転し、3日前の高値を更新するエンゴルフィンキャンドルが発生しています。


BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成


Centered Oscillator Signal

弱気バイアス・シグナル : CCI(-74)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。


弱気バイアス・シグナル : Fisher(-2.3)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。昨日はTrigger(-2.9)をゴールデンクロスし売りシグナルが消滅しました。


弱気バイアス・シグナル : MACD(-24613)はマイナス域で推移しており弱気示唆です。MACDはFisher同様に遅行線のSignal(-25193)をゴールデンクロスし売りシグナルが解消されています。


ビットコインの日足のプライスアクションは、日足終値が14EMAを上回ったことで短期トレンドの強気を示唆しています。エンゴルフィンキャンドルが発生したことで、下落トレンドが底打ちした可能性は非常に高いと考えられます。プライスアクションが強気である一方、オシレーターはすべてマイナス域で推移しており、強気示唆を否定しています。現在の相場は中立にあると言えるでしょう。

Latest Post