ビットコイン版ライブチャット「STREAMIUM(β)」でビットコインを稼ぐ

streamium_head

ビットコインで支払うことができるライブチャット「Streamium」のβバージョンがリリースされた。Streamiumはオープンソースのライブチャットサービスで、仲介手数料ゼロかつ秒単位で課金できることが特徴だ。

Streamiumで生放送を行うのは非常に簡単で、配信をするのにアカウントを作る必要もなく、部屋名・ビットコインアドレス・時間単価を入力するだけである。放送を見るには、チャットルームを作成した人がシェアしたURLにアクセスし、視聴したい時間分のビットコインを、システムが生成したアドレスに対して振り込むことで即座に反映され、入室することができる。

とりわけ興味深い仕組みなのは、入室後、視聴者は事前に入金したビットコインから秒単位で課金していくことになるということだ。つまり、1時間1000円の部屋であれば、1秒あたり0.2778円を時間の経過に合わせリアルタイムで支払っていく。放送が期待はずれだった場合は途中退室することも可能で、その場合、消費されていないビットコインの残高は自動的にすべて払い戻される。

この仕組みによって、配信者は視聴者が見た正味時間分の利益のみを、配信終了時に得ることとなる。

[caption id="attachment_3946" align="alignnone" width="757"]

streamium_earning

配信画面の下に視聴者数と1秒毎の獲得/累計bitcoinが表示される(タイポ?はご愛嬌)[/caption]

[caption id="attachment_3945" align="alignnone" width="800"]

streamium_cashout_image

実際のトランザクション/配信者、視聴者のふたつのアドレスに分配されているのがわかる[/caption]

これを実現するのは、マイクロペイメントチャネルという、マルチシグネチャを用いた、サーバー型のシステムを必要としない、信用のいらない(trustless)決済用ライン構築技術だ。Streamiumはなんと、マイクロペイメントチャネルを実装した初めてのアプリケーションである。

Streamiumの開発者は、用途としてポッドキャストや個人制作映画の配信、コンサルティング、家庭教師などを挙げている。この他にも、秒単位で、特別なシステムを使わずに課金できるシステムモデルは、月額課金サービスや簡易駐車場、レンタルショップ等色々なところにも応用できることだろう。

サービスはリリース直後であり、最小限の機能のみが実装されているだけであることに注意したい。画像のようにチャットをする機能はついていないし、ブラウザを更新するとストリーミングが終了してしまう・部屋から追い出されてしまう。終了ボタンを押さないと受取や払戻しが行われないなど、かなり厄介な問題は残っている。ソースコードはGitHubに公開されており、MITライセンスで利用できるため、興味がある人はチェックしてみるといいだろう。

参考:StreamiumGitHubMicropayment channelReddit

No items found.
Latest Post