迫る年初来安値 ビットコインの起死回生あるか

長谷川友哉
2022-05-09
(
Mon
)

先週(5月2日〜8日)のビットコイン(BTC)対円相場は549,485円(10.98%)安の4,456,545円と大幅下落。対ドルでは6週続落となり、先週は昨年7月ぶりに週足終値で35,000ドルを下回った。

500万円台での揉み合いの末、米連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒感から490万円割れを試した先週のBTC対円相場だったが、欧州連合(EU)が年内に露産石油輸入を禁止する方針を発表したことによる原油価格の上昇を受け反発すると、FOMCで75ベーシスポイント(bp)利上げの可能性が低いことが明らかになり、510万円台を回復した。

しかし、相場は対ドルで40,000ドル水準となる516万円で上値を抑えられると、米株の急反落に連れ安となる格好でBTCも40万円ほど急反落、6日の米雇用統計では、市場予想を上回る雇用者数の伸びと賃金の高止まりが確認され、インフレ圧力の持続が確認されたが、米株の続落が相場の重石となり、470万円での揉み合う展開となった。

週末序盤の相場は、470万円で下げ止まる兆しを見せたが、Anchor Protocolからの巨額TerraUSD(UST=アルゴリズムによってドルの価値にペッグされたステーブルコイン)引き出しによるディペッグ(ドルとのペッグが外れる現象)が長期化したことで、UST発行に必要となるLUNAトークンの相場が急落。影響はBTCにも波及し、BTC相場は450万円周辺まで一段安を演じた。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1時間足 出所:bitbank.ccより作成
ビットコイン概況
第1表:BTC概況 出所:bitbank.cc、Glassnode、coingeckoより作成

BTC対ドルは5日に上昇チャネル(第2図青線)を下方ブレイクし、週末の下げで2月安値の34,300ドル(ピンク線)を割り込み、ついに年初来安値の33,000ドル(431.8万円)(橙線)に迫った。ナスダックが年初から安値を切り下げる中、BTCはインフレヘッジとリスクオフの綱引きで耐えていたが、年初来安値を割り込めば、テクニカル的なセンチメントは一層に悪化するだろう(第2図)。

ビットコイン対ドルチャート
第2図:BTC対ドルチャート 日足 出所:Glassnodeより作成

今週の注目は米国の消費者物価指数(CPI)となる。政策引き締め加速に消極的に見えた先週のFOMCだったが、先週木曜の米株の急反落から鑑みるに、市場はインフレ高止まりによる引き締め加速の可能性や景気後退リスクを織り込みつつある。既に個人消費支出(PCE)のコア指数や4月の賃金上昇率は頭打ちの兆候を徐々に見せ始めており、CPIもこの流れに乗れば政策引き締め加速観測も後退するだろう。

3月はウクライナショックによるエネルギー価格高騰の影響を直で受けたため、4月の物価指標の上昇率は少し落ち着きを見せてもおかしくない。

他方、今週は、週末のLUNA絡みの下げがあったことから、シカゴマーケンタイル取引所(CME)のBTC先物がギャップダウンして取引を開始しており、窓埋めを目指し470万円周辺まで短期的な反発が見込まれる。テクニカル的には、一目均衡表の三役逆転とボリンジャーバンドの拡大が相まって楽観的になれる状況ではないが、米国の金融政策引き締め加速観測が後退すれば、今週は年初来安値をサポートになんとか持ち堪えられると見ている。

ビットコイン,先物資金調達率,ハッシュレート,ディフィカルティチャート
第2図:BTC対円、先物資金調達率、ハッシュレートとディフィカルティチャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコインテクニカル分析
第3図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
アルトコイン概況
第2表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/05/09:迫る年初来安値 ビットコインの起死回生あるか

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL