今夜はいよいよ米CPI ボラティリティ上昇必至か

長谷川友哉
2022-08-10
(
Wed
)

9日のビットコイン(BTC)対円相場は反落し、322万円から一時309万円まで押した。9日東京時間のBTC相場は調整の様相となり320万円周辺で揉み合いに終始したが、海外時間に入ると、本日の7月米消費者物価指数(CPI)を警戒し米株先物が下落しBTCも下げ足を速めた。さらに、週明けのNvidiaに続き半導体大手のMicronが見通しに警告を鳴らすと、相場は一時310万円を割り込んだ。もっとも、対ドルで23,000ドルとなる同水準周辺では押し目買いが入っており、足元、相場は310万円台中盤に戻している。

ビットコイン概況
第1表:前日のBTC対円四本値と値動き 出所:bitbank.ccより作成
ビットコインチャート
第1図:前日のBTC対円(左、1分足)と直近3カ月のBTC対円(右、日足)チャート 出所:bitbank.ccより作成

やはりCPIを控え警戒ムードが広がっているが、昨日のBTC相場下落にはロングの強制決済も伴い想定より強く押した。ただ、依然としてBTC対ドル相場の直近高値24,666ドルや節目25,000ドル水準となる、333万円〜338万円エリアは射程圏内と言え、CPIの低下が確認され米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを緩める余地が生まれれば、同エリアの上抜けもまだ視野に入る。先週の米雇用統計の結果が堅調だっただけに、CPIの低下は市場の緊張を解く材料となろう。反対に、CPIが上振れとなった場合は、市場に相当なショックが走る可能性に注意しておきたい。

ビットコインハッシュレート,ディフィカルティ,先物資金調達率
第2図:ビットコインのハッシュレート、ディフィカルティチャート(左)と先物資金調達率(右)チャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコイン市況データ
第2表:その他BTC市況データ 出所:bitbank.cc、Glassnode、CoinGeckoより作成
アルトコイン概況
第3表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/08/10:今夜はいよいよ米CPI ボラティリティ上昇必至か

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL