ビットコインは下に往って来い 今夜はFOMC議事要旨

長谷川友哉
2022-07-06
(
Wed
)

5日のビットコイン(BTC)対円相場は11,867円(0.43%)安の2,736,006円と終値ベースではほぼ変わらず。ドル建てでは節目の20,000ドル(≒271万円)を僅かに上回った。

週明けのBTC相場は悪材料が続出した週末から一転して自律反発の様相で20,000ドル水準を回復。昨日は欧州時間にノルウェーの石油・ガス労働者によるストライキを受けた天然ガス価格急騰でユーロが急落しドルが急騰すると、BTCは上げ幅の殆どを解消したが、景気後退懸念で米長期金利も低下する中、米株が安寄り後に切り返し、BTCも反転。下に往って来いを演じた。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットコイン概況
第1表:BTC概況 出所:bitbank.cc、Glassnode、coingeckoより作成

案外と底堅いBTC相場だが、リセッション懸念での米金利低下は持続的なリスクオンとはなり難いだろう。今夜は6月米連邦公開市場委員会(FOMC)会合の議事要旨公開を控えているが、米連邦準備制度理事会(FRB)は物価上昇抑制を優先すると見ており、引き続きタカ派な内容が想定される。尤も、今月も政策金利75bp引き上げは織り込み済みとも言え、注目としてはFOMCメンバーがインフレのピークがいつ頃になると見ているかや、景気の見通しと利上げサイクルの出口についての言及になるだろう。

他方、ビットコインのハッシュレートは昨日、220Ehash/sから180Ehash/sまで急落した。ハッシュレートはボラタイルな性質であることから、昨日の急落は一時的な現象である可能性もあるが、水準の引き下げとなればマイニングの競争率低下に繋がる。勿論、その過程で実需筋の換金売りが一層強まる可能性があるが、競争に勝てないマイナーが淘汰され需給バランスのリセットが起これば相場が反転する布石となる。

週明けに指摘の通り、BTCには依然として下げ余地があると言えるが、むしろ一度ハッシュレートを大きく下げるほどの相場の下落があった方がアク抜けしやすそうだ。そうでなければ米国の利上げサイクル出口の糸口が掴めるまで膠着相場がダラダラと続く可能性もあり、投資家のビットコインに対する関心も薄れ出来高とボラティリティが細っていく恐れもある。

BTC相場は引き続き身動きの取りづらい状態が続こう。

ビットコイン,先物資金調達率,ハッシュレート
第2図:BTC対円、先物資金調達率、ハッシュレートとディフィカルティチャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコインテクニカル分析
第3図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
アルトコイン概況
第2表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/07/06:ビットコインは下に往って来い 今夜はFOMC議事要旨

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL