今夜はいよいよCPI ハッシュレート上昇が意味することとは?

長谷川友哉
2022-06-10
(
Fri
)

9日のビットコイン(BTC)対円相場は15,565円(0.38%)安の4,040,936円と3日続落。対ドルで終値はギリギリ30,000ドルを維持したが、本日は同水準を下回って取引されている。

週明けから390万円〜419万円のレンジ内で上下に往って来いを繰り返していたBTCの対円は、米株の上昇や米国での暗号資産(仮想通貨)規制の新法案を追い風に420万円をトライしたが、週央の中国市場の軟化を受けて失速。30,000ドル水準となる400万円周辺をなんとか維持していたが、昨日の欧州中央銀行(ECB)の7月からの利上げと資産購入プログラム終了の発表と、米国の消費者物価指数(CPI)発表を目前に米株が急落したことで、30,000ドル水準割れをトライ。本稿執筆時点では、相場は同水準を下回っている。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットコイン概況
第1表:BTC概況 出所:bitbank.cc、Glassnode、coingeckoより作成

米主要3指数が急落した割には底堅かったBTC相場だが、油断は禁物だ。CPIをはじめとする米国の物価統計は4月分から頭打ちの兆しを見せているが、その兆候が5月に巻き返す結果となれば、政策引き締めペース加速懸念が再び浮上するだろう。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)では四半期毎に発表される参加者の経済見通し概要もあるため、年末時点の政策金利着地予想を示すドットプロットを念頭に市場の神経質さは増していくか。

BTC相場は揉み合いが一月ほど継続しており、今夜のCPIが上振れとなれば、保ち合い下放れとなるシナリオも視野に入る。

他方、前回、4.33%低下していたビットコインのディフィカルティは8日に1.29%上昇した。ネットワークセキュリティの側面でハッシュレート(HR)の上昇はプラスだが、相場が低迷し続けている現状でのディフィカルティ上昇は、競争率を高め収益性を低下させることから、設備規模や費用面でアドバンテージのないマイナーにとって厳しい状況となっていると指摘され、HRの上昇が一概にBTC相場にプラスとは言えない点に注意したい。

ビットコイン,先物資金調達率,ハッシュレート
第2図:BTC対円、先物資金調達率、ハッシュレートとディフィカルティチャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコインテクニカル分析
第3図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
アルトコイン概況
第2表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/06/10:今夜はいよいよCPI ハッシュレート上昇が意味することとは?

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL