なかなか折れないBTC 3.2万ドルは重要じゃなかった?

長谷川友哉
2022-06-01
(
Wed
)

5月31日のビットコイン(BTC)対円相場は39,153円(0.97%)高の4,090,193円。外国為替市場でドル円相場が上昇したことで、円建てのBTCは1%弱の上昇となった。一方、BTC対円の月足終値は2年1ヶ月ぶりに一目均衡表の基準線を割り込んだ。

STEPNのガバナンストークン、GMT主導の売りが週末に一巡し道連れとなったアルトコインも反発したことで、BTC相場も切り返し370万円台乗せを目指すと、週明けのシカゴマーケンタイル取引所(CME)のBTC先物取引再開と共に相場は上昇。更に、上海のロックダウン解除に伴う株高も味方につけ、BTCは390万円周辺まで急伸し、ドル建てでは節目の30,000ドルの上抜けに成功した。

その後もショートの巻き戻しで相場は二段高を演じ、410万円(≒32,000ドル)にタッチ。昨日はもう一段と上値を試し416万円にタッチしたが、連休明けのNY市場で米株に利食いが入り上昇幅は限定された。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットコイン概況
第1表:BTC概況 出所:bitbank.cc、Glassnode、coingeckoより作成

昨日の相場は32,000ドルを一時上回ったが、ショートスクイーズは誘発されず、5月10日の戻り高値、32,645ドル近辺もレジスタンスとして意識された模様だ。また、主要取引所での取組高の総計が直近では過去最高水準で推移する一方、手数料にあたる資金調達率は引き続きプラス圏で推移し買い持ち高が売り持ち高を上回っている状況が続いている。建玉が増加していると言うことはそれだけ市場にレバレッジも掛かっていることが指摘される上、相場上昇の息切れが起きることも懸念される。

「保ち合い放れにはつけ」が相場の鉄則だが、鍵となる水準は32,000ドルではなく5月10日の戻り高値か。アルトコインの戻りも想定外に強いが、BTCは34日線や日足基準線に上値を抑えられた格好で、戻り売りには依然注意したい。

また、今夜は米製造業PMIとISM製造業景気指数の発表があり、後者は前月比で低下が予想されている。米株も先週後半から幾分戻していることから、タイミングとしては戻り売りで押してもおかしくはないだろう。今週の外国為替市場でのドル高はリスクオンムード一服を示唆しており、ユーロ圏の物価上昇や原油高によるインフレ懸念が再燃している可能性が指摘される。BTCにとってインフレ懸念はプラスとマイナスの両面があり、リスクオフムードが強くなれば売り優勢となりやすい。

ビットコイン,ハッシュレート,先物資金調達率
第2図:BTC対円、先物資金調達率、ハッシュレートとディフィカルティチャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコインテクニカル分析
第3図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
アルトコイン概況
第2表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/06/01:なかなか折れないBTC 3.2万ドルは重要じゃなかった?

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL