BTC続伸も売り買い拮抗で上値重く まだまだ楽観禁物か

長谷川友哉
2022-02-09
(
Wed
)

8日のビットコイン(BTC)対円相場は48,874円(0.97%)高の5,095,083円と三日続伸した。

週明け7日からXRPを筆頭にアルトコイン相場が上昇したことを受け堅調に推移したBTC相場は、週末にレジスタンスとなっていた480万円の上抜けに成功し、対ドルで43,000ドル水準となる496万円にタッチ。ドル建てで節目となる同水準で上値を抑えられると、欧州株の軟調推移が重石となり一時的に反落したが、アルトコイン高に支えられ485万円で切り返すと、世界4大会計事務所の一つ、KPMGがBTCとETHへの投資を公表し相場は496万円を突破、ショートスクイーズを伴い節目の500万円を回復し512万円周辺まで上値を伸ばした。

8日の東京時間にはXRPが再び上値を追う展開を繰り広げ、市場全体が上昇。BTCはおよそ1ヶ月ぶりに525万円まで上昇した後、欧州時間に入ると今度は全体的に利食いが入りBTCは43,000ドル水準まで押したが、節目の水準で買い支えられ、足元、510万円周辺まで戻している。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
BTC概況
第1表:BTC概況 出所:bitbank.cc、Glassnode、coingeckoより作成

レジスタンスとして指摘した43,000ドル(≒465万円)を案外と簡単に上抜けしたBTC相場だが、昨日の日足は上下にヒゲを付けており、売り買いが拮抗していたことが示唆されている。KPMGのBTC購入や、昨日は米連邦捜査局(FBI)が2016年Bitfinexハッキング事件で不正に流出したBTCの大半を押収するなど好材料も出ているが、10日の米消費者物価指数(CPI)発表を控え、本日も上値は限定的だと見ている。

米国の物価上昇が和らげば3月の50bp利上げの可能性も低くなり、過度な金融引き締めが行われないとの思惑からリスク資産に買い戻しが入る余地もあろう。ただ、1月の米平均時給やエネルギー、資材価格の上昇から鑑みるに、依然として物価の落ち着きを期待できる状況ではないか。

ビットコイン,資金調達率,ハッシュレート,ディフィカルティー
第2図:BTC対円、先物資金調達率、ハッシュレートとディフィカルティチャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコインテクニカル分析
第3図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
第2表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/02/09:BTC続伸も売り買い拮抗で上値重く まだまだ楽観禁物か

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL