BTCはFOMC前に大幅安 月足終値の気になるポイントは?

長谷川友哉
2022-01-24
(
Mon
)

先週(17日〜23日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比800,147円(16.21%)安の4,137,333円と大幅安を演じ、昨年8月上旬ぶりの水準まで下落した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)での更なる金融引き締めへの警戒にナスダックの調整局面入りが相場の重石となり、先週のBTCは400万円台後半での揉み合の末、21日に大幅下落を開始。対ドルでは、東京時間に心理的節目となる40,000ドル(≒455.3万円)を割り込み、38,000ドル(≒432.6万円)近辺で下げ止まるも、22日朝方に約1,100億円規模のロングの清算が入り相場は同サポートを割り込んだ。

その後は、36,000ドル水準となる409万円近辺で下げ止まる様子を見せたが、MicrostrategyのBTC会計方法が米証券取引委員会(SEC)に却下されたことに加え、ロングの清算が週末にも立て続けに入ったことで、相場は34,000ドル(≒388万円)にタッチした。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットコイン概況
第1表:BTC概況 出所:bitbank.cc、Glassnode、coingeckoより作成

BTCは、40,000ドルは死守すると見ていたが、ナスダックの調整局面入りが米株の下落、引いては投資家心理の冷え込みに拍車を掛け、BTCを含む広範なリスク資産に売りが波及した格好だ。相場は、足元、34,000ドルで下げ止まっており、テクニカル的にも売られ過ぎと言えるものの、27日未明のFOMCを通過するまで積極的に買いが入る環境ではないと指摘される。今度こそ、FOMCまでの下げ余地は限定的と想定しているが、週後半からのボラティリティ上昇が見込まれることから、結果が出るまで様子見が無難だろう。

今週の想定レンジとしては、昨年安値の320万円から、年末年始に形成した踊り場の540万円近辺を見ている。また、月末が迫っているため、月足終値が一目均衡表の基準線(413.15万円)を回復できるか否かにも注目しておきたい。

ビットコインテクニカル分析
第2図:BTC対円、ハッシュレートとディフィカルティチャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコインテクニカル分析
第1図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
アルトコイン概況
第2表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/01/24:BTCはFOMC前に大幅安 月足終値の気になるポイントは?

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL