米株下落に歯止めかからず BTCはそれでも4万ドルを守れるか

長谷川友哉
2022-01-21
(
Fri
)

20日のビットコイン(BTC)対円相場は125,929円(2.64%)安の4,645,146円と二日続落。対ドルでは心理的節目の40,000ドル(≒455.6万円)を目指す展開となっている。

400万円台後半で底堅くも方向感に欠ける展開が続いたBTCは昨日、Googleのブロックチェーングループ設立や中国の利下げ継続によるアジア株の上昇に支えられ、480万円周辺で推移し、対ドルでは42,000ドルを回復。米時間には、フィラデルフィア連銀製造業景気指数の上振れや新規失業保険申請件数の増加を受け、米株の反発期待からかBTCは上昇し、米株が実際に反発して始まると43,000ドル(≒489.7万円)を回復した。

しかし、米株が引けにかけて売り込まれたことでBTCも連れ安となり急反落を開始。相場は瞬く間にこの日の上げ幅を掻き消し、41,000ドル(≒467万円)をも割り込むと、10日安値(458.5万円)を目掛ける勢いで下げ足を速めた。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットコイン概況
第1表:BTC概況 出所:bitbank.cc、Glassnode、coingeckoより作成

米長期金利の上昇の一服で株価の下落にも歯止めが掛かると思いきや、ナスダックが調整局面に入ったことや米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控え、市場のリスク選好度の冷え込みが緩和される気配は薄い。ただ、FOMC前にこれほど警戒感が強まれば、結果が想定の範囲内だった場合、12月会合後と同様に買い戻しが入ることも予想される。「4回の0.25bpの利上げ」よりもタイトな内容となれば、リスク資産には打撃となろう。

FOMCまでの下値目途として指摘した40,000ドルがついに目前となっているBTCだが、月末期日のオプションの建玉が集中する同水準周辺では、やはり底堅く推移すると見ている。年明けから正念場が続くBTCだが、来週のFOMCの結果が出るまで冷静に模様眺めが無難だろう。

ビットコイン,ハッシュレート,ディフィカルティ
第2図:BTC対円、ハッシュレートとディフィカルティチャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコインテクニカル分析
第1図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
アルトコイン概況
第2表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/01/21:米株下落に歯止めかからず BTCはそれでも4万ドルを守れるか

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL