BTCは短期三尊否定も方向感乏しく 値固めは続くか

長谷川友哉
2022-01-17
(
Mon
)

先週(10日〜16日)のビットコイン(BTC)対円相場は92,442円(1.91%)高の4,937,480円と3週ぶりに反発し、ようやく値固めの兆候が見えてきた。

BTCは14日、短期三尊のネックラインにあたる480万円近辺の下抜けを試す展開を繰り広げたが、ハッシュレートの史上最高値更新や、リオデジャネイロ市長が市の準備資産の内1%をビットコインに割り当てる計画を発表したことで反発。ただ、相場は1時間足の200本移動平均線を回復し490万円台に乗せたが、この日の米株市場が軟調となったこともあり上値は限定的だった。

週末の相場は、薄商いとなる中、488万円〜500万円の狭いレンジで横ばいとなっており、1時間足の200本移動平均線に支えられつつ、対ドルで節目43,000ドル(≒491.6万円)を巡る攻防となっている。

第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットコイン概況
第1表:BTC概況 出所:bitbank.cc、Glassnode、coingeckoより作成

今週のビットコインは、底堅い展開を視野に入れつつも、チャートや心理的節目での戻り売りに注意したい。先週指摘の通り、市場は米連邦準備制度理事会(FRB)による年4回の利上げを織り込み始めており、それ以上の利上げが行われるというヒントは現状視界に入ってこない。加えて、今週は当局者がブラックアウト期間に入るため、そういった材料が出る公算はそもそも低いと言える。また、ハッシュレートの堅調な推移の他、BTCの資金調達率(FR)は12日からマイナスに振れ始めており、底堅い展開に期待が持てよう。

ただ、先週にはマイナーから取引所へのBTC送金の増加も検知されており(第3図)、相場の戻り上値を抑える切っ掛けとなる可能性もある。上値目途としては、一目均衡表の基準線(527.8万円)、年初の相場下落前の水準となる対ドルで節目の48,000ドル(≒549万円)や、対ドルで200日移動平均線の走る555万円水準があり、特に549万円〜555万円エリアは強い上値抵抗帯になると見ている。

ビットコイン,ハッシュレート,ディフィカルティ
第2図:BTC対円、ハッシュレートとディフィカルティチャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコインチャート

第3図:BTC対円、マイナーネットフロー、マイナーから取引所へのBTC送金量チャート 日次 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成

アルトコイン概況
第2表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/01/17:BTC短期三尊否定も方向感乏しく 値固めは続くか

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL