早期QTの可能性に怯んだBTC 4万ドル守れるか年初から修羅場

長谷川友哉
2022-01-07
(
Fri
)

6日のビットコイン(BTC)対円相場は44,616円(0.88%)安の5,007,900円と5日続落し、節目500万円割れを試す展開となっている。

この日明朝に公開された米連邦公開市場委員会(FOMC)12月会合の議事要旨で、殆どの参加者が前回の政策正常化局面よりも早期且つ急速なバランスシートの縮小(QT)に意欲を示したことが明らかとなり、BTC相場は米株の下落に連れ安となり、昨年12月から続いた520万円〜600万円レンジを下方にブレイク。対ドルで節目となる43,000ドル(≒498.2万円)絡みで下げ止まり、米株市場序盤の反発やアルトコイン高を味方に前日終値まで戻すも、米株が引けにかけて売られるとBTCも上値を重くし反落。43,000ドル水準を巡る攻防が続いている。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットコイン概況
第1表:BTC概況 出所:bitbank.cc、Glassnode、CoinGeckoより作成

想定以上にタカ派的な内容となり、嫌な予感が的中してしまったBTCだが、底ボラティリティが続いた割には下げ幅は大きくなく、下値目途として指摘した40,000ドル(≒464.6万円)まで下げることはなかった。しかし、議事要旨には逼迫した(タイトな)労働市場への言及もあり、今夜の米雇用統計で月間雇用者数の堅調な伸びが示されれば、早くて3月の利上げ引いては早期QTが正当化されることとなり、BTCは今度こそ40,000ドルを目指すシナリオが視野に入る。

議事要旨公開後には当局者から相次ぐタカ派発言も出ており、期待インフレ率(BEI)は直近2営業日で急反落している。また、ビットコインのハッシュレート自体は、現状、大きな影響を受けていないが、カザフスタンでのインターネット遮断による暗号資産(仮想通貨)マイニングへの懸念や、米議会で早くて今月中にも開催されるマイニングの環境負担についての公聴会を巡り、市場はやや神経質になり出したか。

来週には複数の米インフレ指標の発表を控えているが、それまで上値の重い状況が続きそうだ。

ビットコインハッシュレート
第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
ビットコインテクニカル分析
第3図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.cc、Glassnodeより作成
アルトコイン概況
第2表:アルトコイン概況 出所:bitbank.ccより作成

PDFリンク
bitbank Report 2022/01/07:早期QTの可能性に怯んだBTC 4万ドル守れるか年初から修羅場

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL