ビットコイン反転上昇 CPI下振れで懸念は払拭されきったか?

長谷川友哉
2021-09-15
(
Wed
)

14日のビットコイン(BTC)対円相場は219,883円(4.45%)高の5,166,073円と反発し、前日に終値で割り込んだ200日移動平均線を再び回復した。

乱高下を演じ直近安値を大きく割り込んだ13日のBTC対円だったが、一目均衡表の雲上限で綺麗に下げ止まり売り一巡の様相で切り返すと(第2図)、14日の東京時間にはハッシュレートの上昇が好感され500万円を回復した。さらに、米時間朝方に発表された消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ると、先週の卸売物価指数(PPI)の上昇を受けて再燃した早期テーパリング開始観測が後退し、BTCは510万円をも回復。その後、米株の下落を受けてやや上値が抑えられるも、引け後にもう一段と高くなり515万円を上回り終値をつけた。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

昨日のBTCは米CPIの下振れに救われた格好だが、8月の総合CPIとコアCPIはそれぞれ、5.3%と4.0%と依然として高水準を維持しており、既に米連邦準備理事会(FRB)が物価目標を達成したという多くの米連邦公開市場委員会(FOMC)参加者の姿勢を変えるには至らないと指摘され、来週のFOMC会合に対する不確実性は払拭されきったとはまだ断言できない。

加えて、米景気減速懸念から株価は軟調地合いが続き、ドルは底堅く推移している。明日発表の8月の米小売売上高を切っ掛けにこうした流れが変わる可能性もあるが、8月はデルタ株の影響が大きかっただけあって、それほど期待は持てないか。

テクニカルの面では、BTCは対ドルで43,000ドルでダブルボトムを形成しているが、この先は13、21、34日線や、4時間足の200本移動平均線が密集する48,000ドル(≒526万円)付近のエリアが相場のレジスタンとして意識される。

安値圏での乱高下から確りとした値動きになったBTCだが、FOMCの結果が出るまで一喜一憂は禁物だろう。

ビットコインテクニカル分析
第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
アルトコインチャート
第3図:XRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場1
第1表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTC平均値、四本値 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場2
第2表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTC騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
仮想通貨ドミなんす、時価総額、出来高
第3表:市場時価総額・出来高(¥)、主要銘柄市場占有 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2021/09/15:ビットコイン反転上昇 CPI下振れで懸念は払拭されきったか?

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL