BTCは6週ぶり反落 重要イベント無事通過も今週も山場か

長谷川友哉
2021-08-30
(
Mon
)

先週(23日〜29日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比72,385円(1.34%)安の5,330,534円と6週ぶりに反落した。

ジャクソンホールを目前に警戒感から下落し、一時は510万円割れを試したBTCだったが、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が講演の中で年内のテーパリング開始が妥当としながらも具体的な時期についての明言を避けたことが安心感に繋がり、27日金曜の相場は反発し前日の下げ幅を帳消しにした。週末にはビットコインキャッシュ(BCC)の上昇に連れ高となり、直近高値を更新し544万円にタッチしたが、これは騙しとなり反落。しかし、対ドルで節目48,000ドル(≒527万円)付近で相場は買い支えられるとその後は粘り腰を発揮し、今朝、シカゴマーケンタイル取引所(CME)でBTC先物の取引が始まると535万円まで戻した。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

ジャクソンホールを無事に通過したBTCだが、今週も引き続き重要な局面を迎える。パウエル議長が年内のテーパリング開始が妥当と発言したことで、この先は残りの9、11、12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合のどのタイミングで開始のアナウンスがされるかが注目点となり、そのヒントとなるのが今週3日に発表される8月分の米雇用統計となるだろう。

8月も米労働市場の力強い回復が確認されれば、9月FOMC会合でテーパリング開始がアナウンスされる可能性が高くなる一方、8月は新型コロナのデルタ株感染拡大がどれほど労働市場に影響があったかも不透明となっており、前月比で雇用者数の増加ペースが鈍化する可能性は高いと言える。

また、3日の雇用統計の前に、シカゴ購買部協会の月次レポート(31日)、ADP雇用レポート(9月1日)、ISM製造業景況指数(1日)、米新規失業保険申請件数(2日)といった米国の雇用に関する定性・定量データが発表されるため、指標に振り回される不安定な展開に注意したい。

今週は雇用統計の発表まで直近の510万円から550万円のレンジ内での推移を想定している。

ビットコインテクニカル分析
第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
アルトコインチャート
第3図:XRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場1
第1表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTC平均値、四本値 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場2
第2表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTC騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
仮想通貨ドミナンス、時価総額、出来高
第3表:市場時価総額・出来高(¥)、主要銘柄市場占有 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2021/08/30:BTCは6週ぶり反落 重要イベント無事通過も今週も山場か

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL