BTCはレンジ上限目前で反落 重要指標やハードフォークでどう動くか

長谷川友哉
2021-08-02
(
Mon
)

先週(7月26日〜8月1日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比468,479円(11.98%)高の4,380,002円と2週続伸し、6週間ぶりの高値に浮上した。

30日金曜日のDeribitでのオプションカット後に40,000ドル(≒439万円)の踊り場を下方にブレイクしたビットコインだったが、その後、シカゴマーケンタイル取引所(CME)のBTC先物SQを通過すると反発。この日は米自動投資サービスのウェルスフロントがグレイスケールのBTCとイーサ(ETH)の投資信託を投資対象に追加したことや、ヘッジファンドのゴールデン・ツリーがBTCを購入したことも追い風となり、ビットコインは40,000ドルを回復し、42,000ドル(≒460万円)台に乗せた。

これによりビットコインの対円相場は6月高値の455万円を上抜けたものの、週末は過熱感もあってか一転して失速。一時は42,600ドルまで上昇しレンジ上限の43,000ドルに迫ったが、今朝方にCMEでBTC先物市場の取引が始まると上値を重くし、30日の上げ幅をほとんど掻き消した。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

今週はイーサリアムのロンドン・ハードフォーク(5日)や米雇用統計(6日)の発表を控えている。ETHの対円は7月21日から12連騰を記録しており、昨日はおよそ2カ月ぶりに節目の30万円をトライした。BTC同様に短期的な相場の過熱感がうかがえるが、ハードフォーク当日までは強い地合いを保つか。また、イベント通過後は「セル・ザ・ファクト」が入るかにも注意を要する。

4日には、米雇用統計の前哨戦ともなるADP雇用レポートの発表もあり、週央からは乱高下する展開も視野に入る。米労働市場の顕著な改善が確認されれば、先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に後退したテーパリング前倒し懸念が再び再燃しかねない。反対に、米雇用指標が下振れとなれば、現状の経済が目標に「程遠い」とするパウエル議長の発言を裏付けるものとなり、BTCには追い風となろう。

ビットコインてくテクニカル分析
第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
アルトコインチャート
第3図:XRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場1
第1表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTC平均値、四本値 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場2
第2表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTC騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
仮想通貨ドミナンス、時価総額、出来高
第3表:市場時価総額・出来高(¥)、主要銘柄市場占有 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2021/08/02:BTCはレンジ上限目前で反落 重要指標やハードフォークでどう動くか

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL