FRBが懸念を示すもBTC底堅く パラグアイのBTC法案は期待できない?

長谷川友哉
2021-07-12
(
Mon
)

先週(5日〜12日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比152,666円(3.89%)安の3,771,000円。大口投資家やマイナーの利食い、さらにはイーサ(ETH)相場の下落で一時は350万円割れを試しに行ったビットコインだったが、9日米時間には株高によるリスクオンが波及する形で切り返し、370万円台を奪回。この日は米連邦準備理事会(FRB)の金融政策レポートで「暗号資産(仮想通貨)市場の上昇が市場参加者のリスク選好度の増加を反映している」と、初めて仮想通貨を名指しにして懸念が示されたが、市場の反応は軽微だった。

週末は、目星い材料もでず、ビットコインは小動きとなったが、今朝方に380万円乗せをトライ。しかし、シカゴマーケンタイル取引所(CME)でBTC先物の取引が始まると上値を抑えられ、週足終値での380万円維持には失敗した。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

今週は13日から14日にかけての米物価に関する指標が注目材料となろう。

市場予想では、米消費者物価指数(CPI)は前回比でやや低下する見込みではあるが、前年同月比で4.9%、コア指数は4.0%と引き続き強めの予想となっている。また、今週14日には卸売物価指数(PPI)とベージュブック(米地区連銀経済報告書)といった物価や雇用動向のヒントを得られる材料が豊富となっている他、14日と15日にはパウエルFRB議長の議会証言も控えており、週央にかけて相場のボラティリティが上昇しそうだ。

他方、14日にはパラグアイでビットコイン法が提出される予定だが、現段階でその詳細は明らかになっていない。提案者の一人であるカルリトス・レハラ下院議員によれば、「パラグアイと世界にメガサプライズとなる」とツイッターで述べており、エルサルバドルのようにビットコインの法定通貨化が法案に盛り込まれれば、一時的な相場の追い風にもなり得るが、大統領が主導してビットコインの法定通貨化を押し進めたエルサルバドルとは状況が異なることにも留意したい。

レハラ議員のHagamos党は上下両院で2議席ずつのみとなっており、上院議員で支持を表明しているフェルナンド・シルバ・ファシェッティ氏の真正急進自由党の議席を合わせても、上下両院で過半数には満たず、法案が通る見通しは良好とは言えない。「メガサプライズ」が何かは気になるが、どんな法案にせよ可決となる公算は低いか。

今週は週央の米指標とパウエル議長発言に留意しつつ、レンジのブレイクを見極めるのが無難そうだ。というのも物価指標に対する現状の市場の反応は読み難いということが言える。早期の利上げやテーパリング(量的緩和の段階的縮小)が現在ほど意識されていなかった5月(4月分)のCPIは、市場の予想を大きく上回ったことで金融政策正常化前倒し懸念が台頭した訳だが、直近では新型コロナのデルタ株の流行が経済活動再開に支障をきたし物価上昇圧力を下げるという懸念もあり、CPIが堅調な結果となればリスクオンになるとも言えなくはない。

テクニカル的には、ボリンジャーバンドがスクイーズ(収縮)しており、高いボラティリティを伴ったブレイクアウトが起きてもおかしくはない。「頭と尻尾はくれてやれ」という格言にもあるように、目先は様子見が無難だろう。

ビットコインテクニカル分析
第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
アルトコインチャート
第3図:XRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場1
第1表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTC平均値、四本値 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場2
第2表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBATOMG対円、対BTC騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
仮想通貨ドミナンス、時価総額、出来高
第3表:市場時価総額・出来高(¥)、主要銘柄市場占有 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2021/07/12:FRBが懸念を示すもBTC底堅く パラグアイのBTC法案は期待できない?

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL