急反発から失速のビットコイン 安値圏レンジからいつ抜け出せるか?

長谷川友哉
2021-06-11
(
Fri
)

11日のビットコイン(BTC)対円相場は81,234円(1.98%)安の4,022,765円と反落。12.19%上昇した前日の勢いは続かなかったものの、終値で心理的節目の400万円を維持し、対ドルでは36,000ドル台中盤での推移となっている。

アジア時間のビットコインは中国の新疆ウイグル自治区と青海の暗号資産(仮想通貨)マイニング排除を受けたハッシュレートの低下が嫌気されジリ安となり、400万円割れを試す展開。しかし、欧州勢参入後に相場は一時397万円付近まで押すも、バーゼル銀行監督委員会が、銀行による仮想通貨保有に対し最低1,250%の自己資本要件を提案したことが、銀行による仮想通貨保有にGOサインを出したと意識され420万円まで反発。その後は戻り売りが入るも、5月の米消費者物価指数(CPI)がまたも市場予想を上回り底堅く推移した。

一方、米株がこの日の高値から反落するとビットコインも連れ安。主要3指数はその後反発し、S&P総合500種指数は史上最高値で引けたが、ビットコインはアルトコインの売りやコインベース株の下落に連れる形となり引けにかけて欧州時間の上げ幅を完全に吐き出し392.5万円まで押した。足元では、対ドルで節目36,000ドルで押し目買いが入り402万円付近での推移となっている。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

米長期金利の低下を鑑みるに、「今年の物価上昇は一時的」という米連邦準備理事会(FRB)の見解を市場はある程度信頼している模様だ。これは現行の緩和政策が長期化することが見込まれていることの裏返しとなるが、テーパリング開始時期が少なからず議題に上がる中で来週の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合後にもこうした観測が維持されるだろうか。3月に経済見通し(Economic Projection)が発表されて以来、米国の失業率は6.0%から5.8%と僅かながら改善したが、当局が本年末の目標とする4.5%からは程遠く、政策据え置きが見込まれるものの、夏のカンザスシティ地区連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール)や、来年2月までとなるパウエルFRB議長の任期も着々と迫る中で政策正常化の地ならしをしてくる可能性は高そうだ。

エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の相場への影響はかなりあなどっていたが、ビットコインの対円相場は一昨日の上昇をもってしても1時間足の200本移動平均線周辺の水準に戻したにすぎず、チャート上では330万円〜460万円の安値圏レンジ中盤での推移が続いている。中南米諸国でビットコインに関心を示す政治家が散見されるが、当方では中国規制動向を消化し切るまで相場の完全回復は難しいとみている。四川省と雲南省が残る主要中華マイニングハブとなっているが、四川省も9月以降マイニングが禁止される可能性も浮上しており、ハッシュレートが安定推移に戻るまでまだ時間がかかりそうだ。

ビットコインテクニカル分析
第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
アルトコインチャート
第3図:XRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBAT対円、対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場1
第1表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBAT対円、対BTC平均値、四本値 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場2
第2表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUMBAT対円、対BTC騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
仮想通貨ドミナンス、時価総額、出来高
第3表:市場時価総額・出来高(¥)、主要銘柄市場占有 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2021/06/11:急反発から失速のビットコイン 安値圏レンジからいつ抜け出せるか?

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL