近年稀に見るハッシュレートの急落 弱材料複数のBTCはこの先どうなる?

長谷川友哉
2021-04-19
(
Mon
)

先週(12日〜18日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、激しい値動きの中、前週比416,998円(6.33%)安の6,173,000円と3週ぶりに反落し、2週間ぶりの安値まで押した。

先週の暗号資産(仮想通貨)市場は、14日のコインベース上場を目掛け全面高の様相を呈し、ビットコインは同日に7,055,120円の史上最高値を付けた。一方、その後はコインベース上場で事実売りが入りビットコイン相場は失速。16日には新疆ウイグル自治区における停電が中華系マイナーのハッシュレート急落に寄与している可能性が浮上し、ビットコイン相場は下げ足を速め、650万円付近まで押した。このほか、先週は週後半にかけて、①米マサチューセッツ州の金融当局がロビンフッドのブローカー・ディーラーライセンス剥奪の思惑、②サブレディット「r/Wallstreetbets」での仮想通貨関連議論の禁止、③米財務省が仮想通貨軽油の資金洗浄(マネーロンダリング)を巡って複数金融機関を告発するという旨のネット上のリーク情報が相場の重石となり、週末のビットコイン相場は対ドルで節目の60,000ドル(≒652万円)や2月高値の58,367ドル(≒635万円)を割り込み、一時580万円まで一気に売り込まれた。

足元のビットコインは、580万円から安値拾いの買いに支えられ、620万円周辺まで戻している。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットコイン1時間足チャート
第2図:BTC対円チャート 1時間足 出所:bitbank.ccより作成

ビットコインのハッシュレートは16日、200 Ehash/s付近から120 Ehash/sと近年稀に見る49%ほどの大暴落を記録し市場に驚きを与えた(第3図)。翌17日には107 Ehash/sまでさらに低下したが、18日からは140 Ehash/sに戻し徐々に安定を取り戻しつつある。停電の影響で中華系マイナーによる損失補填の利食いが危惧された形と指摘されるが、実際にマイナーによる大量のビットコイン売りがあったかは確認されない。また、中華系マイナーは北米系マイナーと比較してより長期的なスパンでマイニングを行うと言われ、採掘した仮想通貨を担保に資金を調達したりしている。よって、彼らが採掘した仮想通貨はロックアップされており、すぐに売りに出される量も限られると指摘される。

また、上記③の米財務省に関する情報だが、こちらに関しては情報源が明示されておらず、米仮想通貨関連法律に詳しい弁護士ジェイク・チェルビンスキー氏によれば、犯罪調査に関する情報が漏洩されている点と、告訴するのが司法省でなく財務省である点に違和感があると指摘され、信頼できる情報ではないと言う。

表面上、こうした弱材料が複数でたのは事実だが、ビットコイン相場の大きな下落幅を生んだ要因はもっぱらロングの強制精算であり、週末の相場急落でこうした市場のポジションの偏りも幾分改善されたと指摘される。相場が対ドル2月高値を割り込んだのはやや痛手だが、ボリンジャーバンドの-2σ(≒608万円)は終値で死守しており、下落トレンド入りが示唆される状況ではないだろう。

外部環境から鑑みて、ビットコインと相関性が高い米期待インフレが直近1ヶ月のレンジ上放れを試していること、また、強い米国の経済指標を受けてリスクオンムードが保たれていることから、今週のビットコインは底堅い展開が予想され、60,000ドル水準まで戻す展開を見込んでいる。

今月の注目ポイント

ビットコインハッシュレート
第3図:BTCハッシュレート(右)、変化率(左) 日足 出所:glassnodeより作成
ビットコインテクニカル分析
第4図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成

アルトコインチャート
第5図:XRPETHLTCBCCMONAXLMQTUM対円、対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場1
第1表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUM対円、対BTC平均値、四本値 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場2
第2表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUM対円、対BTC騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
仮想通貨ドミナンス、時価総額、出来高
第3表:市場時価総額・出来高(¥)、主要銘柄市場占有 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2021/04/19:近年稀に見るハッシュレートの急落 弱材料複数のBTCはこの先どうなる?

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL