テスラは何BTC保有しているか? 本日は米CPIとパウエル議長発言

長谷川友哉
2021-02-10
(
Wed
)

9日のビットコイン(BTC)対円相場は8,007円(0.16%)安の3,872,383円と、終値ベースではほぼ変わらずだったが、東京市場での上昇で相場が初めて500万円台に乗せる場面もあった。また、昨日はBTCからの資金循環でアルトコインが概ね上昇した。

米電気自動車大手テスラのBTC購入とBTC支払い受け入れ意向を受けた前日NY市場での相場急伸を受け、この日のBTC相場は東京市場時間に一段高となり503.8万円の史上最高値をつけた。対ドルで節目48,000ドル周辺となる同水準からは利益を確定する売りに押され相場が反落するも、45,000ドル(≒471万円)から綺麗に切り返し、NY市場時間からはドル安も支えとなりジリジリと下げ幅を縮小していった。

ビットコインチャート
第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

テスラのBTC購入で米メディアからは批判的な声も上がったが、8日のテスラ株相場は上昇し市場からのファーストインプレッションとしては悪くなかった。また、これを受けてか事業会社のBTC投資の先駆けとなったマイクロストラテジーの株価は急上昇している。

先月29日にイーロン・マスク氏がツイッターのプロフィールに「#bitcoin」と書き込んだのがある意味で伏線だったと考えられるが、当時のレートが1BTC=34,000ドルと仮定すると、テスラは約44,000BTCと今年新規発行されるBTCの約7.5分の1を一気に買い上げた事になる。昨年の半減期を経て希少性が一層高まる中、大口による残り少ないパイの取り合いは続いており、テスラの参戦は米テック企業のビットコイン購入ブームに火を付けると見ている。

本日は米国のインフレ指標として重要な消費者物価指数(CPI)の発表と、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言を控えている。セントルイス地区連銀のデータによれば、米ブレークイーブンインフレ(期待インフレ率)は今週、2.22%と高水準を保っており、物価動向には市場の注目が集まっている。また、パウエル議長はこれまでインフレのオーバーシュートを容認する姿勢を示してきており、本日はこの姿勢を維持する発言があるかにも注目したい。

8日の相場急伸でテクニカル的に短期的な過熱感は出ているが、ファンのパターン完成(第2図)、相場上昇に伴うボリンジャーバンドのボージ(バンド幅の拡大)出現、一目均衡表三役好転示現と強気相場のシグナルが多数。勿論、反動安シナリオには要注意だが、昨日の値動きから44,000ドル〜45,000ドルエリア(≒460万円〜471万円)はサポートとして機能すると見ている。

相場のフロアアップに加え、続くアルトの物色、さらに米追加経済対策の今月中の実現期待もあり、BTCはQ1中の50,000ドル突破が視野に入る。

ビットコイン ファン理論
第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
ビットコインテクニカル分析
第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
アルトコイン チャート
第3図:XRPETHLTCBCCMONAXLMQTUM対円、対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場概況1
第1表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUM対円、対BTC平均値、四本値 出所:bitbank.ccより作成
ビットバンク仮想通貨市場概況2
第2表:BTCXRPETHLTCBCCMONAXLMQTUM対円、対BTC騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
仮想通貨 ドミナンス 時価総額
第3表:市場時価総額・出来高(¥)、主要銘柄市場占有 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2021/02/10:テスラは何BTC保有しているか? 本日は米CPIとパウエル議長発言

ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL