BTCはコインベースで最高値更新後に急落 利食い売りに相場は耐えられるか?

長谷川友哉
2020-12-02
(
Wed
)

1日のビットコイン(BTC)対円相場は86,101円(4.21%)安の1,960,756円と反落。26日の急落後、安値拾いの買いが入り反発した相場は、前日(11月30日)にNY商品取引所のドルインデックスが3ヶ月ぶりの安値を割り込む中、上昇に拍車がかかり全値戻しに成功し206万円にタッチ。ビットスタンプなど一部海外取引所のBTC対ドル相場は過去最高値(ATH)をわずかに更新していた。

昨日の東京時間の相場は、205万円を背に揉み合いに終始。前日のNY時間から海外主要取引所へ大量の暗号資産(仮想通貨)送金が続いていたが、変動率の落ち着きやすい東京時間には目立った利食いも入らず模様眺めの様相を呈した。欧州時間に入ると安心感からか買いが入り、相場は前日の年初来高値を1万円ほど更新。このタイミングで米コインベースのBTC対ドル相場もATHを24ドルほど上回ったが、その直後にはこれを待ち受けていたかのように売り込まれ、NY時間に入るまでに相場は17万円ほど急反落し、一時は前日の上げ幅をほぼ掻き消した。

その後の相場はドル安株高の流れで反発するも、節目の19,500ドル水準(≒203.4万円)で戻り売りが入り折り返すと、残りのNY時間は利食い売り優勢で上値の重い展開に終始した。

第1図:BTC対円チャート(1分足)、前日平均値・4本値、騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成

今週中の200万円台乗せには追加で材料が必要かと指摘したが、やや読みが甘かった。今週は円がドルに対して安くなっていることもあるが、もとより、この水準はドルでは19,200ドル周辺で、それほど節目として強く意識されなかったか。ただ、相場が過去最高値更新した後に取引所へのBTC送金が急増していることから、足元の相場には19,900ドル周辺の水準に強いレジスタンスがあることに変わりはないだろう。

一方、BTCにとって外部環境の見晴らしは決して悪くない。今月11日にほぼ全ての米連邦政府機関の予算が切れるデッドラインが迫る中、米議会では1日、9,080億ドル規模のコロナ救済法案が超党派グループから提出され、ムニューシン財務長官やパウエル連邦準備理事会(FRB)議長もこれに支持を示した。また、これまで民主党の大規模追加経済対策案に反対してきたマコネル上院院内総務も、これとは別で1.4兆ドル規模の追加対策案を上院共和党員と協議しており、前述のコロナ救済法案との一本化を考えていることが明らかになった。

こうした中で、外為市場ではドルが広範な通貨に対して売られる一方、昨日は株や金が買われており、BTCに資金が流れてきてもおかしくない状況となっている。今月15日〜16日開催予定の米連邦公開市場委員会(FOMC)では量的緩和の拡充が検討されるか注目されており、相場が支えられるには十分な環境が整っていると言えよう。

目先のBTC相場は利食い売りをこなしつつ高値圏での揉み合いを予想。レンジ下限は対ドルで18年1月高値(17,174ドル)や節目の18,000ドル水準の180万円〜188万円エリア、上限は対ドルATH水準の207.5万円周辺を見ている。

第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
第1表:XRPETHLTCBCCMONAXLM対円前日平均値・4本値、騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
第3図:XRPETHLTCBCCMONAXLM対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第2表:XRPETHLTCBCCMONAXLM対BTC前日平均値・4本値、騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
第4図:XRPETHLTCBCCMONAXLM対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第3表:市場時価総額・出来高(¥)、主要銘柄市場占有 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2020/12/02:BTCはコインベースで最高値更新後に急落 利食い売りに相場は耐えられるか?

著者
長谷川友哉
マーケット・アナリスト

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。
MARKETSとビットバンクについて

bitbank MARKETSは国内暗号資産(仮想通貨)取引所のビットバンクが運営するマーケット情報サイトです。ビットバンクは日本の関東財務局登録済の暗号資産(仮想通貨)取引所です(暗号資産交換業者登録番号 第00004号)。

販売所について

ビットバンクの販売所なら、業界最狭クラスのスプレッドでお好みの暗号資産(仮想通貨)をワンタップで購入できます。

取引所について

ビットバンクならシンプルで軽量、しかも高い機能性を備えたスマートな暗号資産(仮想通貨)取引所で本格的トレードも可能です。

豊富な機能を持つ、
安定したビットバンクのアプリ。
外出先でも取引のチャンスを逃しません。
ビットバンクで暗号資産をはじめよう!
無料口座開設はこちら
新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL