ビットコインキャッシュ独歩高 プレフォーク取引開始で需要増?

長谷川友哉
2020-10-14
(
Wed
)

13日のビットコイン(BTC)対円相場は9,704円(0.8%)安の1,206,291円と、7日ぶりに反落。相場が6日連続で上昇したのは、実に約半年ぶりだった。

東京時間のこの日の相場は、一部アルトコインの売りにつられるも、ビットコインキャッシュ(BCC)に買いが入ったことでBTCは121万円周辺での綱引きに終始したが、NY時間序盤にドル高が進行し金相場が下げ足を速めると、BTCも追随して一時は120万円を割り込んだ。一方、終盤からは本日イベントを控えるXRPや、前日に買いが集まったイーサリアム(ETH)等、主要アルトコインが切り返し、BTCは終値で120万円を死守した。

やはり英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)の通商交渉を巡ってユーロが弱含んでおり、対ドルでの下落がドルインデックスの上昇に拍車を掛けると共に、金相場の重石となっている。本日からはリップル社主催のSWELLも開催され、XRPの「SWELL下げ」による目先のセンチメント悪化には注意したい。

第1図:BTC対円チャート(1分足)、前日平均値・4本値、騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成

他方、昨日のBCC相場急伸が今後どう市場に作用するかも気になる。BCCの対円は昨日、前日比1,490円(5.9%)高と、時価総額上位10銘柄で独歩高となった。背景には、米ポロニエックスが同通貨のプレフォーク取引を開始したことが、需要増加の切っ掛けとなったと考えられる。

ビットコインキャッシュは11月15日に予定されるハードフォークによるプロトコルの定期アップデートの際に、Bitcoin ABC(BCHA)とBitcoin Cash Node(BCHN)を筆頭とする2つのチェーンに分岐する見通しだが、ポロニエックスでは既にBCCを1 : 1の比率でBCHAかBCHNのトークンと交換し、取引をすることが可能となっている。現時点では、BCHN=229ドル、BCHA=55ドルとなっており、市場は新たなマイナー報酬制度に反対するBCHNを支持しているようだ。

BCCの分岐は市場にとって「苦い思い出」であり、ハードフォーク前後での価格の動きには注意が必要だが、ポロニエックでの取引開始が短期的なBCC需要を喚起するか。今週は「SWELL下げ」への懸念が残るが、BCC相場上昇が思いがけない形でBTC相場の支えとなるか。

第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
第1表:XRPETHLTCBCCMONAXML対円前日平均値・4本値、騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
第3図:XRPETHLTCBCCMONAXML対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第2表:XRPETHLTCMONABCCXML対BTC前日平均値・4本値、騰落率、出来高 出所:bitbank.ccより作成
第4図:XRPETHLTCBCCMONAXML対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第3表:市場時価総額・出来高(¥)、主要銘柄市場占有 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2020/10/14:ビットコインキャッシュ独歩高 プレフォーク取引開始で需要増?

新着記事
VIEW ALL
新着記事
VIEW ALL
市況・相場分析
VIEW ALL
調査レポート
VIEW ALL

ニュース速報

VEIW ALL