夏なのにビットコインは「冬模様」 アルトコイン高付いていけない背景

長谷川友哉
2020-07-13
(
Mon
)
Facebook
Twitter
Line

7月第2週(6日〜12日)のビットコイン(BTC)対円相場は前週比15,912円高(+ 1.62%)の995,405円と5週ぶりに反発したが、週間の値幅は2週連続で4万円を下回り引き続き動意にかける展開が続いている。中国での実用化が進んだチェーンリンクのLINKや、人気SNSのTikTokの動画で注目を集めたドージコイン(DOGE)がアルトコイン市場に買い手を呼び戻したが、BTCは今ひとつ流れについていけず、先週の暗号資産(仮想通貨)市場はアルトコインシーズン開始の様相を呈した。これにより、BTCの市場占有率は61.35%と2月中旬以来の水準まで低下(第8表)。30日物ヒストリカルボラティリティー(HV)は「クリプトの冬」と称された2019年第一四半期の水準まで落ち込み、手控えムード打開とはなっていない(第1図)。

アルトコイン市場が息を吹き返す中でBTCの上値が抑えられえている要因としては、米株との連動性が強まっていることが挙げられる。この連動性の背景は明確ではないが、半減期後の材料難の他、米ドルと株価の連動が弱まっていることに鑑みるに、リスクオフで安全資産としてのドル買いという構図ができており、対ドル市場が相場を主導するBTCもこの流れに影響されているか。肝心の株価の先行きだが、足元、新型コロナの治療薬を巡るポジティブ材料で強含んでいるが、今週からの第二四半期分の米決算シーズンで、企業の業績に関してどれだけ不安材料が出てくるかも影響すると考えられ、この先もなかなか気の抜けない展開が続こう。

幸い、アルトコイン物色は週明けも継続しており市場全体としてのセンチメントは好転し始めている。アルトコインの買いが一巡すればBTCにも資金が回り、再び専有率も上昇すると見ているが、先週のように株価下落に出鼻をくじかれないか、引き続き株式市場への目配りが怠れない。

第1図:BTC対円、10日、30日物ヒストリカルボラティリティーチャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
第2図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
第3図:BTCXRPETHLTCBCCMONA、対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第4図:XRPETHLTCBCCMONA対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第1表:BTCXRPETHLTCBCCMONA、対円前日平均値、4本値 出所:bitbank.ccより作成
第2表:BTCXRPETHLTCBCCMONA、対円期間別騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第3表:BTCXRPETHLTCBCCMONA、対円前日出来高、増減率 前日終値ベースで円換算 出所:bitbank.ccより作成
第4表:XRPETHLTCMONABCC対BTC前日平均値、4本値 出所:bitbank.ccより作成
第5表:XRPETHLTCMONABCC対BTC期間別騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第6表:XRPETHLTCMONABCC対BTC前日出来高、増減率 前日終値ベースで円換算 出所:bitbank.ccより作成
第7表:市場時価総額、出来高(¥) 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成
第8表:主要銘柄市場占有率 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2020/07/13:夏なのにビットコインは「冬模様」 アルトコイン高付いていけない背景

Latest Post