なかなか動かないビットコイン 次回難易度調整は上下どっちか?

長谷川友哉
2020-06-19
(
Fri
)
Facebook
Twitter
Line

18日のビットコイン(BTC)対円相場は7,113円安(- 0.7%)の1,006,118円と2日続落。17日早朝に14.95%と大幅なマイニングディフィカルティーの上昇を記録し上値を重くした相場は、ハッシュレートの伸びが鈍化したこともありジリ安が続く一方で99万円台での押し目買いに支えられ、終値ベースでは小幅な値動きが続いている。短〜中期物のヒストリカルボラティリティー(HV)も低下基調が継続し、依然、トレンドの始まりを示していない(第1図)。17日のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の証言では、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究に本腰を入れるとの意欲的な発言があるも市場ではさほど材料視されず、この他にも特段材料は出なかった。18日には米景気先行指標総合指数が前月比で2.8%上昇したことを受け、逃避需要の後退が想起されたかNY市場時間の相場は一時下値を伺う場面も見られたが、やはり99万円台で切返し100万円を奪回。昨今注目される株価の動きもここ2日間で比較的に落ち着き、暗号資産(仮想通貨)市場では決定打となるような手掛かりが乏しい状況が続いている。

幸いにもビットコインのハッシュレートは100 Ehash/s周辺を維持ししているわけだが、次回のディフィカルティー調整は-9%(diff.cryptothis.com)〜+12%(btc.com)と、ソースによりコンセンサスが取れておらず、先行きを見定め難い。中国が雨季に入ったことで、電気料金の引き下げでハッシュレートが上昇しても良い頃かと思えるが、相場の方向感の乏しさからマイナーも躊躇を余儀なくされている状況か。引き続きネットワークのファンダメンタルズを注視しつつ、大口動向への警戒が怠れない状態が続きそうだ。

第1図:BTC対円、10日、30日、90日、200日物ヒストリカルボラティリティーチャート 出所:bitbank.ccより作成
第1図:BTC対円チャート 日足 出所:bitbank.ccより作成
第2図:BTCXRPETHLTCBCCMONA、対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第3図:XRPETHLTCBCCMONA対BTCチャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成
第1表:BTCXRPETHLTCBCCMONA、対円前日平均値、4本値 出所:bitbank.ccより作成
第2表:BTCXRPETHLTCBCCMONA、対円期間別騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第3表:BTCXRPETHLTCBCCMONA、対円前日出来高、増減率 前日終値ベースで円換算 出所:bitbank.ccより作成
第4表:XRPETHLTCMONABCC対BTC前日平均値、4本値 出所:bitbank.ccより作成
第5表:XRPETHLTCMONABCC対BTC期間別騰落率 出所:bitbank.ccより作成
第6表:XRPETHLTCMONABCC対BTC前日出来高、増減率 前日終値ベースで円換算 出所:bitbank.ccより作成
第7表:市場時価総額、出来高(¥) 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成
第8表:主要銘柄市場占有率 当日9時時点のデータ ※前営業日比 出所:CoinGecko.comより作成

PDFリンク
bitbank Report 2020/06/19:なかなか動かないビットコイン 次回難易度調整は上下どっちか?

Latest Post